ブエノスアイレスで隅々まで清掃が行き届いている観光名所がこちら・・・

それが1967年に開園したブエノスアイレスの中のジャパン~日本庭園なのです。
池があり、鯉が泳ぎ、日本の植物が楽しる上に日本食レストランまであるんです!
実はアルゼンチンにも親日家が多く、連日来場者がたくさん!
日本が恋しくなった日本人にとっても癒しの時間になる事間違いなしなので場所や入場料などチェックしていきましょう!

日本庭園ってこんなとこ

Tango.blue

ブエノスアイレス日本庭園(Jardín Japonés de Buenos Aires)は、

1967年、日本の皇太子・同妃(明仁様・美智子様)のアルゼンチン訪問を記念する目的で、現地の日本人移民団体が造成を決定しました。

ブエノスアイレスのパレルモ地区に位置する、2月3日公園の一角が提供され、なんと、1か月余りの早い工事でスピード完成し、ブエノスアイレス市へ寄贈されました。

池泉回遊式の日本庭園で
面積25,000㎡と公式になっています。

個人的な感覚で言えば・・・30分あれば全体を見て回れる。
1時間あれば各ポイントで少し立ち止まって観察しながら回れる。
2時間あれば各ポイントでじっくり立ち止まって、写真撮影や、休憩しながら回れる。

庭園の中央には池があり、コイが泳いでいます。

池は結構汚い。


池には神橋(Puente de Dios)や八つ橋(Puente Truncado)といった橋が架けられていて、風景も日本らしくなっています。

植物は、桜、イロハモミジ、ツツジなどといった日本の樹木もあり、春には桜が満開になります。

広島から送られた、被爆のカキの樹もあります。

その他にも、日本の鐘や、茶室もあり日本を満喫できます。

営業時間や詳細

場所

ブエノスアイレスのパレルモ地区にあります。

ポイントタクシーなどで行く場合は、詳しい住所を言わなくても大丈夫!
「日本庭園まで!」「Hasta Jardin Japones, por favor.」(アスタ・ハルディン・ハポネス・ポル・ファボール)
といえばほぼ分かってくれるはずです!
icon image

観光で使える50フレーズをまとめているので、スペルなどはこちらの記事でチェックしてください!
頑張って丸暗記しちゃいませんか?!

【とりあえずマスター】観光で使えるスペイン語フレーズ50選

icon image

Kotaro Studioではスペイン語の聴き流し学習コンテンツを発信中!
各種配信サイトから聴けるので是非チェックしてね!

Kotaro Studioで作ったテキストコンテンツはこちら

営業時間

毎日(土日・祝日含む)

10:00〜18:45

Tango.blue

12時頃に行ったこの日、

入場口までは、半ブロック(約500m)にわたって人が待っていました。

定員などは設けられていないので、順番に入場はできますが、待ち時間少なくて入場したい場合は、

朝のオープン時10時を狙って行くのがベストだそうです。

入場料

416ペソ(2022年9月現在)

入場料は定期的に変わる(値上げがある)ので、行く前にホームページでチェックすることがオススメです。

日本庭園公式ホームページ

日本庭園で楽しめる事

日本庭園に一歩入れば、そこはまるで日本!

ブエノスアイレスの一角にしては珍しく、清掃もきちんとされていて、

トイレも綺麗!!

お土産やさんには、お守りや、日本の食器、アニメグッズも少し置いてあります。

Tango.blue

日本食レストランも設営されていて、そこでは日本食も楽しめます。

ちなみに・・・カツ丼2400ペソ。
ラーメン1800ペソ。
寿司2500ペソから
高く感じるか、安く感じるかは、あなた次第!
icon image

アルゼンチンペソを手に入れるにはドル経由で行なってください。
日本円経由だととんでもないレートになったりするので、日本で必ずドルを用意しましょう。
アルゼンチンペソに関する情報やブルーレートと呼ばれるお得に交換できる場所の情報などは特集記事にまとめていますので是非チェックしてね!
日本でドルを用意する方法は最近だと郵送が主流。
空港で並ばずに外貨両替マネーバンクを使って自宅でドルを受け取りましょう。

外貨両替マネーバンク

【保存版】アルゼンチンペソのブルーレート交換方法とは?

その他、名前を日本語で書いて購入できるコーナーや、

折り紙教室も時間帯によっては行われています。

特別イベントでコンサートなども開催されています。

icon image

こちらの記事もいかがですか?!

アルゼンチンといったらなんといっても牛肉!
こちらの記事ではアルゼンチンのソウルフード『アサード』を特集しています!

牛肉大国アルゼンチンで地元民おすすめのAsadoとParrillaのお店7選

もう一つのソウルフードがピザ!
アルゼンチン人はみんな口を揃えてみんなイタリアのピザよりも美味しいと豪語しています!

【観光】地元民が選ぶおすすめのブエノスアイレスピザ屋5選

ブエノスアイレスでお土産買うならフェリアへゴー!
ハンドメイドいっぱい系、食いしん坊系とフェリアによって特徴があるんです。

【日曜市場】激安でお土産ゲット?!ブエノスアイレスで人気の4つのフェリア

口を酸っぱくして言いますが、アルゼンチンではとにかくもうアメリカドルは最強の資産!
アルゼンチンいくならアメリカドルを持ってきてください。

【保存版】アルゼンチンペソのブルーレート交換方法とは?

気合いで長期滞在する場合ウルグアイに一度出国する方法など様々ありますが、移民局で手続きするならこちら!

【いざ移民局へ】アルゼンチンで観光ビザの延長をする方法

ブエノスアイレスではなかなかお目にかかれないお料理もありますので、食べ物大好きな南米旅行の計画の中にアルゼンチンフード全マスターを組み込んでみてはいかがでしょうか。

アルゼンチンで確実に食したい名物郷土料理11選

icon image

青いタンゴ礁のインスタグラムも絶対フォローしてね!

Follow me!

大長 志野
大長 志野青いタンゴ礁:現地取材スタッフ
音大を卒業後ピアニストとして活動開始。
2011年より南米アルゼンチン・ブエノスアイレスで生活しながら現地のタンゴシーンで数々の作品制作に携わり、リリース。
2015年からブエノスアイレスでタンゴ楽団Barrio Shinoを結成し活動開始。
2018年には同バンドにてコロール・タンゴのリーダーでタンゴ界の巨匠:ロベルト・アルバレスをゲストに迎え「Festejando」をリリース。
タンゴ楽団Barrio Shinoを率いて日本全国凱旋ツアーを行い、連日大盛況の中、最後の地大阪:フェニックスホールでは満員御礼にて終演。
2021年よりアルゼンチン・ブエノスアイレスに完全移住し現地のタンゴシーンにて現役のタンゴピアニストとして活躍中。
Kotaro Studioでは432hz癒しのピアノシリーズなども担当。
noteにてブエノスアイレスでの出産・育児の様子をブログ形式で掲載中。