【血入りソーセージ】発見!モルシージャ

最終更新日

icon image

この記事はアフェリエイト広告リンクを含みます!

「血入りソーセージ」と聞くと、少しドキッとするかもしれないですが、

日本では、「ブラッドソーセージ」として知られている食材。

アルゼンチンにもあります!!

その名は、モルシージャ【morsilla】。

一般的なソーセージよりも、色が濃く、黒みがかった赤で、調理された血液、通常は豚肉をベースにしたソーセージです。

通常、豚脂、タマネギ、その他さまざまなスパイスと混合され、米、シリアル、パン粉など、ボリュームを上げるため肉以外の成分も含まれます。

アルゼンチンでは、肉屋さんに行けば必ず売っており、アサード(アルゼンチン版バーベキュウ)には欠かせないものの一つとなっています。

牛肉大国アルゼンチンで地元民おすすめのAsadoとParrillaのお店7選

【お肉大好き大集合】マタデーロスの日曜市場を散策!

モルシージャいる?
Querés morsilla ?
ケレス・モルシージャ?

特に珍味〜モルシージャ・バスカ

先日お肉屋さんを通りかかったら普通のモルシージャの他に、「morsilla vasca」モルシージャ・バスカ
というのがありました!

これは、どこにでも売ってるわけではなくなかなか珍しいのです!

普通のモルシージャとの違いは、モルシージャ・バスカの方が丸みを帯びておりバスカの方には、クルミや干し葡萄が入っていて、かなり甘めとなってるんです。

バスカを売っていることは、かなりレアで、レストランでもなかなかお目にかかることはできません。

お値段は(本数ではなく、重さで値段が決まります。)

普通のモルシージャ 1キロ 440ペソ(公式レート:約440円)

モルシージャ バスカ 1キロ 500ペソ(公式レート:約500円)

少しだけバスカが高くなります。

【保存版】アルゼンチンペソのブルーレート交換方法とは?

ちなみに:【注文する際は、重さではなく、本数で購入できます。】

Te pido 2 morsillas. 
テ・ピド・ドス・モルシージャス
モルシージャ2本お願いします。

好みが分かれる食べ物にはなりますが、ブエノスアイレスでモルシージャ・バスカを見つけた際はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

青いタンゴ礁
青いタンゴ礁編集長
アルゼンチン、アルゼンチンタンゴの情報を発信するアルゼンチン大好きな人のためのメディアサイト。
現地取材ならではの写真や情報であなたをディープなアルゼンチンタンゴの世界へ誘います!