タンゴ歴史の原点?!フルートとギターデュオ、最新アルバム【Para la tierra de uno】

最終更新日

icon image

この記事はアフェリエイト広告リンクを含みます!

あれ?タンゴだけど、バンドネオンはいないの?

ピアノは?

バイオリンは?

いません。

今週の1枚は、タンゴの歴史の原点とも言える編成ギターとフルートデュオ。

Santiago Vera Candioti y Martha Humbert Dunoyer (サンティアゴ・ベラ・カンディオティと、マルタ・ウンベル・ドノエール)の最新アルバム「Para la tierra de uno」(パラ・ラ・ティエラ・デ・ウノ」の紹介です。

旅の指さし会話帳

喋れなくても、聞きとれなくても大丈夫。

「指さす」だけで通じます!

ヨミガナが付いているので、心配ご無用!

地球の歩き方

ブエノス・アイレスから人気のイグアスの滝、そしてパタゴニアの氷河まで、南米の全ての大自然の魅力をもつアルゼンチン。

旅のバイブルです。

ノスタルジックな「南米のパリ」

タンゴの音楽が流れる美しい街。

本書は世界三大劇場の一つとされるコロン劇場をはじめアルゼンチンタンゴが楽しめるお店、味のある人気のオールドカフェなどブエノスアイレスで押さえるべき観光&グルメスポットを一挙にご紹介。

ポピュリズム大陸 南米

南米と日本の「不平等と格差」は“程度の問題”に過ぎない。

南米のリアルから日本の危機をも示す警告の書。

南米のことをもっと深く知りたい方へ!

どんな人たち?

フランス人フルート奏者マルタ(Martha Humbert Dunoyer)と、アルゼンチンギター奏者サンティアゴ(Santiago Vera Candioti)の2人によるデュオ。

現代では、少し珍しい編成、ギターとフルートですが、

タンゴの歴史を辿ると、タンゴが演奏され始めた頃は、

バンドネオンやピアノ、バイオリンはまだタンゴ音楽には組み込まれておらず、

ギターとフルートで演奏されていました。

なので、原点に戻って・・・と言っても過言ではないかも?しれません。

icon image

青いタンゴ礁の関連サイトも是非チェックしてね!

Curanz Sounds

432hzで調整された音楽を聴くことで あなたのアストラル体が音響波動と共鳴し あなたの内に秘められた「本当の自分」と出会うことができます。

432hzと共鳴し、今、あなたの最高の人生がスタートします。

究極のヒーリング音楽をあなたに。

音響・映像スタジオ

アルゼンチンで旅の記録を残したいですか?

Kotaro Studioでは専門チームが推奨する初心者からプロまで対応できる音響機材や、写真機材の紹介をしています。

あなたにぴったりの機材が必ず見つかります。

旅の記録のコーディネートはKotaro Studioに任せて、旅行計画に専念しましょう!

スペイン語聴き流し学習

スペイン語は2017年に英語を抜き話者数中国語に続き世界第2位に!

日本人にとってカタカナで発音するだけで、本当にネイティブ扱いされます。

ただカタカナで発音する・・・世界中のスペイン語学習者が苦労する要素を私たち日本人はすでにクリアしているんです。

つまり、今すぐネイティブになれるわけです。

音楽家育成塾

音大や芸大でも学べない音響やミュージックビジネスの分野。

Kotaro Studioのこうたろうが塾長となってしっかり伝授。

令和版芸術の寺子屋です。

フルート奏者 マルタ

フランス生まれで、フランスの音楽大学でフルート(クラシック)を学び、

その後アルゼンチンタンゴやフォルクローレに魅了され

アルゼンチンに渡りました。

現在は、アベジャネーダポピュラー音楽学校のタンゴのフルート講師を務めるながら、

演奏活動を続けています。

タンゴ、アルゼンチンフォルクローレのフルート奏者は数少ないですが、

彼女はその数える中の1人!

ギター奏者 サンティアゴ

アルゼンチンのサンタフェ出身のギタリスト、作曲家。

10代の頃はバリバリのロッカーだったそう。

タンゴの演奏活動をするために、サンタフェからブエノスアイレスに出てきました。

ラミロ・ガーショ5重奏のギタリストとしても活躍。

また作曲家としても活躍していて、現代タンゴの作曲家の1人として注目されています。

また、凄腕のアサドール(アサードを焼く人)としても周りからかなりの信頼を置かれています!

牛肉大国アルゼンチンで地元民おすすめのAsadoとParrillaのお店7選

今回のアルバムは?

デュオのファーストアルバムとなる今回の「Para la tierra de uno」パラ・ラ・ティエラ・デ・ウノ

直訳すると、「自分の地の為に」

自分自身がしっかり足を踏み締めている、その場所、その時のために、

というニュアンスがあるのではないでしょうか。

内容は、タンゴからフォルクローレまで全10曲で、

今人気急上昇中の、歌手Ines Cuello (イネス・クエショ)と、

フォルクローレからタンゴまで弾きこなし、

そして、複雑な曲でも移調がその場ですぐできるという技を持っている

バンドネオン奏者のJoaquin Bennitez Kitegroski (ホアキン・ベニテス・キテグロスキ)の2人が

ゲストで参加しています。

フルートとギターというシンプルな編成。

タンゴの歴史の原点だけれども、そこに新しい響の可能性を探している2人。

派手で、スピーディ、ショー的なタンゴが耳につきがちですが、

深くしみじみとした味わい深い2人のタンゴを是非聞いてみてください。

デュオといえば、こちらのデュオもおすすめ!

アサトーパイスデュオ、新譜紹介

青いタンゴ礁現地支局
青いタンゴ礁現地支局青いタンゴ礁:現地取材スタッフ
アルゼンチン、アルゼンチンタンゴの情報を発信するアルゼンチン大好きな人のためのメディアサイト。
現地取材ならではの写真や情報であなたをディープなアルゼンチンタンゴの世界へ誘います!