12月3日はHéctor Stamponiの命日:スタンポーニがタンゴ音楽に残した奇跡

最終更新日

タンゴ音楽というと、しばしば情熱的なリズムや感情豊かなメロディが思い浮かぶかもしれません。

しかし、このジャンルの奥深さを本当に理解するためには、その中心にいるアーティストたちの生涯を知ることが不可欠です。

その一人となるのが、Héctor Stamponiです。

スタンポーニは、タンゴ音楽に革新的な影響を与えたアーティストであり、その業績は今日に至るまで多くの音楽愛好家に愛され続けています。

この記事では、スタンポーニの幼少期から始まり、彼が音楽界に残した不朽の足跡をたどります。

※この記事は広告リンクを含みます

スタンポーニの生涯

Héctor Stamponiは1916年12月24日、ブエノスアイレス州カンパーナに生まれ、1997年12月3日に80歳で亡くなりました。

彼は若いころから音楽の才能を持っており、ジュアン・エルヘルトの下で音楽の勉強を始めました。

エルヘルトが率いる小規模なグループの一員として、1936年にはブエノスアイレスでのキャリアをスタートしました。

音楽活動歴

Héctor Stamponiは、1936年にBuenos AiresでJuan Elhertのオーケストラに参加し、音楽キャリアをスタート。

彼は後にFederico Scorticatiのオーケストラに参加し、1937-1938年のシーズンにRadio Sténtorで演奏しました。

その後、彼はMiguel Calóのオーケストラに短期間参加した後、オーケストレーションに専念。

1943年、StamponiはAntonio Rodioのオーケストラのピアニストになり、中央アメリカへの演奏旅行を行い、メキシコで映画のための音楽を作曲します。

彼はメキシコで「Somos dos」と「Cruz」というタンゴを残しています。

1959年、彼はEnrique Mario Franciniと共に「Los Violines de Oro del Tango」というアンサンブルを結成。

1960年には、Raúl Laviéを含むグループを組織し、Mario Demarcoの楽曲「Solfeando」を録音しました​​​

Stamponiは「Cuando cuentes la historia de tu vida」「El trompo azul」「El último café」などのタンゴを作曲しました。

また、「Flor de lino」「Pedacito de cielo」といったワルツも作曲しました​​。

彼はCaño 14のオーケストラの指揮者でもあり、様々なアーティストと共演しました​​。

その後、彼はHoracio Ferrerと音楽と詩のデュオを組み、1990年代にはピアニストとしてLos Teatrosのレストランで演奏しました​​。

代表曲

  1. Azabache

ShushetaFlor de Lino

  1. Romanza para Chupita (feat. Litto Nebbia)
  2. Conversación de Stamponi (feat. Litto Nebbia)
  3. Quedémonos Aquí (feat. Carlos García)
  4. El Último Café (feat. Walter Ríos)
  5. Soy un Circo (feat. Horacio Ferrer)

代表アルバム

  • Interpreta Su Música al Piano (1916 – 2016)

青いタンゴ礁
青いタンゴ礁編集長
アルゼンチン、アルゼンチンタンゴの情報を発信するアルゼンチン大好きな人のためのメディアサイト。
現地取材ならではの写真や情報であなたをディープなアルゼンチンタンゴの世界へ誘います!