Héctor Stamponi

ヘクトール・スタンポーニ (Héctor Stamponi, 1916年12月24日 - 1997年12月3日 / 81歳没)

アルゼンチンタンゴの作曲家、ピアニストで、アレンジャーとしても有名でした。

チュピタの相性で親しまれていたスタンポーニはカンパーナで生まれエスター・コルテッリからピアノを学びます。
その後、エンリケ・マリオ・フランシーニ、アルマンド・ポンティエ、クリストバル・ヘレロス、歌手のルネ・ディ・ピエトロを含むグループであるファン・エルヘルト(ザラテを拠点とするドイツ移民系のタンゴミュージシャン)が率いるオーケストラで活動を始めます。
楽団はブエノスアイレスに移り、1936年に有名なファン・マヌエルマチネに出演。
その後楽団は解散となり、同じ楽団だったスタンポーニとフランシーニ、ポンティエは、トリオを結成。
引用:Wikipedia

メキシコでのキャリア

1943年からはアントニオ・ロディオオーケストラのピアニストとして在籍。

そこで知り合った女性歌手アマンダ・レデスマの伴奏者として中央アメリカのツアーに同行します。

そのままメキシコに滞在し、エルネスト・コルタザールと「ソモス・ドス(1944年公開)」と「クルス」の映画音楽を作曲しています。

その後ブエノスアイレスに戻るとアルベルト・ヒナステラ(ハーモニー)とフリアン・バウティスタ(作曲)(1946)に師事。

この頃のメキシコはマヌエル・アビラ・カマチョ政権。
ロックフェラー財団が、1944年結成のノーマン・ボーローグらの研究グループと1960年設立の国際稲研究所に資金を提供し、主導した。『緑の革命』と呼ばれる農業革命の一種を迎えており、農薬や化学肥料の大量投入により収穫量が飛躍的に伸びていきました。
1942年5月13日に、メキシコのタンカー「ポトレロ・デ・リャノ(Potrero del Llano)」、さらに20日には「ファハ・デ・オロ(Faja de Oro)」が、ナチス・ドイツのUボート(U-564とU-106)によって攻撃され沈められたことから、22日にナチス・ドイツ、大日本帝国、イタリア王国に宣戦布告し、第二次世界大戦に参戦しています。

晩年と功績

1959年にはアンサンブルLosViolinesde Oro del Tangoを結成。

その後も様々なグループで作品やピアノソロを披露します。

AvenidaCorrientesと25deMayoのブエノスアイレスの通りに彼の名前が付けられています。

作曲リスト

アルギエン【Alguien】 (Tango) (1956)

アモール・エン・レモリーノ【Amor en remolino】 (Tango)

アキ・ノマス【Aquí nomás】(Tango)

アサバチェ【Azabache】 (Milonga) (1942)

バホ・ウン・シエロ・デ・エストレージャス【Bajo un cielo de estrellas】 (Vals) (1941)

バルビホス【Barbijos】 (Milonga)

ベソス・ムエルトス【Besos muertos】(Vals) (1981)

ボエミオ【Bohemio】 (Tango)

カンシオン・デ・アベ・マリア【Canción de Ave María】 (Tango)

カリシアス・ペルディーダス【Caricias perdidas】 (Vals)

デ・ロス・ドス【De los dos】(Vals)

デランタル【Delantal】 (Vals)

ドゴール【Dogor】 (Tango)

エル・トロンポ・アスール【El trompo azul】(Tango)

エル・ウルティモ・カフェ【El último café】(Tango)

エル・ウルティモ・カフィオロ【El último cafiolo】 (Tango)

エン・エル・ドス・ミル【En el dos mil】(Tango)

エン・ケ・エスキーナ・テ・エンクエントロ・ブエノス・アイレス【En qué esquina te encuentro Buenos Aires】 (Tango) (1966)

フェステハンド【Festejando】 (Tango)

フロール・デ・リノ【Flor de lino】 (Vals) (1947)

フント・ア・トゥ・コラソン【Junto a tu corazón】 (Tango) (1942)

ラ・カメレラ【La camelera】 (Milonga)

ラ・イントゥリガ【La intriga】 (Tango)(1950)

りソラベーラ【L'Isolabella】 (Tango)

ジャマラーダ・パシオナル【Llamarada pasional】 (Tango)

マゴシャ【Magoya】 (Tango)

ミ・カンタール【Mi cantar】 (Tango)

ムチャチョ・ラナ【Muchacho rana】 (Tango)(1960)

オアシス【Oasis】 (Vals) (1955)

ペダシート・デ・シエロ【Pedacito de cielo】 (Vals) (1942)

ペルドナメ【Perdóname】 (Tango)

ポブレ・ネグラ【Pobre negra】 (Milonga)

プレサヒオ【Presagio】 (Tango) (1987)

プエブリート・デ・プロビンシア【Pueblito de provincia】(Tango)

ケ・メ・バン・ア・アブラール・デ・アモール【Qué me van a hablar de amor】 (Tango) (1946)

ケダモノス・アキ【Quedémonos aquí】 (Tango)

ソイ・ウン・シルコ【Soy un circo】 (Tango) (1980)

テ・シエント・アシ【Te siento asi】 (Tango)

テネス・セルビード・エル・テ!【Tenés servido el té!】(Balada)

トリステ・コメディア【Triste comedia】 (Tango) (1949)

ウン・モメント【Un momento】 (Vals)

ウン・モメント【Un momento】(Tango)

ベンタナル【Ventanal】(Tango)

ビルヘン・デ・ラ・アウロラ【Virgen de la aurora】(Tango)

ジョ・ケリア・セール・フェリス【Yo quería ser feliz】(Tango)

ジョ・テ・カント・ノビア・ミーア【Yo te canto novia mía】 (Tango)

ジュンキタンゴ【Yunquitango】 (Tango)

Follow me!

Kotaro Studio
Kotaro Studio『誰かのためにただここに在る』
金田式バランス電流伝送DC録音の遺伝子を受け継ぐ音響エンジニア・音楽プロデューサーの服部 洸太郎が運営する『旧・芸術工房Pinocoa』の『Kotaro Studio』が企画運営しています。
青いタンゴ礁では、『アルゼンチンタンゴのすべて』をテーマにタンゴの歴史やマエストロの紹介、またタンゴを作ってきたアルゼンチンの文化や歴史、さらにはインカ帝国時代まで遡って研究しています。
日本とは正反対にあるアルゼンチンですが、親日国としても知られており、近年日本人の移住者が増加している流れもあり、現地での生活情報なども随時発信中!
2021年より完全移住したタンゴピアニストの大長 志野が現地スタッフの日常カテゴリーにてお届けしております。
アルゼンチンタンゴが好きな方、タンゴ音楽に興味のある方、また将来中期〜長期に渡って移住してみたい方は是非是非ブックマークよろしくお願いします。