アルゼンチンでピアノ運送を頼んだら・・・動画あり

ピアノの運送といえば、日本でも引越しの際や移動の際、最も厄介なポイントの一つ。

ピアノを持って来られる方、またアルゼンチンでご購入される方には、それぞれに理由があると思います。

  • 音楽留学
  • お子様のピアノ学習の為
  • ご自分の趣味のため
  • インテリアの一つとして?
icon image

今回は、アルゼンチン国内での移動手段・値段・様子などについて解説!
まずは運搬の様子を収録したのでみてみてください!
やはりそこは日本の運搬と比べると雑に見えるかもしれませんが、マルセロピアノさんはしっかりいい仕事してくれました。

誰に・どこに頼む?

一般の引っ越し屋さんは、ピアノを扱ってくれない場合もあります。

また、ピアノの専門でない引っ越し屋さんは、運び方のコツを知らないので、「できるできる」と言いながらも、10人くらいの男性で一つのピアノを囲んでワイワイしていることがあります。

毛布で包んで丁寧にしてくれますが、少し無駄な力もたくさん加わり、人数も増えるので高いです。

スペイン語メモピアノ運送業者はスペイン語でTransporte de piano (トランスポルテ・デ・ピアノ)と言います。
インターネットなどで検索される場合も、この "Transporte de piano" で出てきます。

今回私がお願いしたのは

Transporte de pianos Marcelo (マルセロのピアノ運送)

ウェブサイトはこちら

今回この業者にお願いしたのは、知人のおすすめであったことでした。

ウェブだけで良し悪しを判断して、大事なピアノを任せるのは少し心配です。

持っている方や、購入した方がいれば、ぜひ一度その人にご相談してみることもお勧めします。

運送日までの流れ

  • 運送屋に相談(運送希望の地区などを伝え、見積もりをしてもらう)
  • 値段がオッケーなら、日程を決める
  • 当日の運送に備える

運送屋に相談

希望の運送屋さんが決まったら、連絡をし、ピアノを持ち出す家の地区と、運び込む家の地区などを伝えます。

距離や、エレベーターに入るか入らないか、何階まで運ぶか(階段の場合)、解体が必要か、などによって費用が変わってきます。

ポイント複数の業者に同時に質問し、気に入ったところにお願いするのも構いません。

日程を決める

【予算は予算なので、当日になり「ここ通らないから解体が必要だ!」となれば解体料金が加わったりしますので、注意しましょう。】

お願いしたい業者さんが決まれば、日程が決まっていればその日が空いているか、またどの日ならいけるか、そして、時間を調整しましょう。

当日の運送に備える

日程が決まったら、あとは当日運送がスムーズにいくように、準備しましょう。

ピアノの動線を確保するために他の荷物を移動させておいたり、ピアノを置くスペースを確保したり、

ごくごく一般的な準備です。

運送当日の物語

今回お願いしたマルセロピアノ運送業者。

アップライトの移動をお願いしました。

持ち出すお家に到着したのは、腰ベルトも何もつけていない男性二人。

小さな木のカートと共に登場。(普段着)

解体の可能性がある時に備えて、ねじ回しを持っていましたが、あとは手ぶらです。

もちろん毛布もシートも何もありません。

完全に生のまま運び出そうとしました。

流石に、上の蓋と、鍵盤の蓋がカパカパ開くんじゃないかと心配になったピアノの持ち主と、受け取り主は「せめてガムテープをしてくれないだろうか?」とお願いし、「おー、そんなに心配やったら、どうぞ」と運送会社はうなずく感じ。

エレベータにはピアノを立てないと乗りませんので、彼らは、自力でホイっとカートの上でピアノを縦にしました。

そして下界へ。

移動をし、持ち込む家に到着。

到着した家にはエレベータがありませんので、1階に持って上がらないといけません。

それも、ベルトをピアノにかけて男性二人でやってのけました。

あとは、部屋の各扉をくぐり抜けることができたらオッケーです。

ポイントアルゼンチンのマンションは、日本でいう一階は「プランタ・バハ」と言って「一番低いところ・地上階」というような呼び方をします。ですのでアルゼンチンで「1階」は、日本でいう「2階」という位置付けになります。

気になるお値段

ピアノ運送のお値段は日本でも相場は定まっておらず、業者さんによって本当にピンキリです。

今回はマルセロさんのお値段をズバリご紹介。

ピアノ運送【ブエノスアイレス中心地内の移動】:12500ペソ

階段一階ごとに:1500ペソ

解体が必要な場合:2500ペソ

合計は【解体なし】:12500+1500 =14000ペソ

ポイント他の業者で同じ作業の見積もりを700000ペソの会社もありましたので、本当にピンキリ。
今回のピアノ運送、到着後もとっても綺麗な状態のままで、調律も思った以上に狂っていませんでした。
むき出しでの移動となりましたが、マルセロさんを信じて良かったです。

Follow me!

Kotaro Studio
Kotaro Studio『誰かのためにただここに在る』
金田式バランス電流伝送DC録音の遺伝子を受け継ぐ音響エンジニア・音楽プロデューサーの服部 洸太郎が運営する『旧・芸術工房Pinocoa』の『Kotaro Studio』が企画運営しています。
青いタンゴ礁では、『アルゼンチンタンゴのすべて』をテーマにタンゴの歴史やマエストロの紹介、またタンゴを作ってきたアルゼンチンの文化や歴史、さらにはインカ帝国時代まで遡って研究しています。
日本とは正反対にあるアルゼンチンですが、親日国としても知られており、近年日本人の移住者が増加している流れもあり、現地での生活情報なども随時発信中!
2021年より完全移住したタンゴピアニストの大長 志野が現地スタッフの日常カテゴリーにてお届けしております。
アルゼンチンタンゴが好きな方、タンゴ音楽に興味のある方、また将来中期〜長期に渡って移住してみたい方は是非是非ブックマークよろしくお願いします。