Carlos Di Sarli

カルロス・ディ・サルリ(Carlos Di Sarli、1903年1月7日 - 1960年1月12日 / 57歳没)

アルゼンチン・タンゴのピアニスト。

ファン・ダリエンソと並び『タンゴ新古典派2大マエストロ』と称されています。

ファン・ダリエンソ(Juan D’Arienzo、1900年12月14日 – 1976年1月14日 / 75歳没)

ディ・サルリは、アルゼンチン南部の港町バイア・ブランカでイタリア系移民(イタリア系アルゼンチン人)の子として生ました。
音楽に理解ある家庭に生まれ育ち、子どもの頃からピアノを学べる環境にありました。
しかし、子ども時代に銃の暴発で、目の周辺を傷つけ、以降はサングラスをするようになったといわれています。
引用:Wikipedia

20歳でブエノスアイレスに移住

25歳の頃に自身の六重奏団を結成します。

ディ・サルリの演奏スタイルは1940年頃に確立したと言われていますが、最も大きな影響を受けたのがオスバルド・フレセドであると言われています。

オスバルド・フレセド(Osvaldo Fresedo, 1897年3月5日 – 1984年11月18日 / 87歳没)

1951年には、ヘスス・ベントゥーラが1920年に作曲した『大きな人形」(A la gran muñeca)』という曲をディ・サルリは新しい解釈の元でアレンジ、演奏したものが大ヒットとなり、今でも世界中でタンゴの人気ナンバーとして浸透しています。

楽団の解体

人気絶頂の1956年に楽団員の大半が脱退。

その後『ロス・セニョーレス・デル・タンゴ』というグループを結成。

楽団員による楽団脱退や、メンバーで結束しての乗っ取りは実はよくある話。

有名なところだとファン・ダリエンソ楽団も同じようなことが起こっています。

ディ・サルリの曲でも「バイア・ブランカ」「コラソン」「ミロンゲーロ・ビエホ」などが特に有名です。
代表曲リスト

Follow me!

Kotaro Studio
Kotaro Studio『誰かのためにただここに在る』
金田式バランス電流伝送DC録音の遺伝子を受け継ぐ音響エンジニア・音楽プロデューサーの服部 洸太郎が運営する『旧・芸術工房Pinocoa』の『Kotaro Studio』が企画運営しています。
青いタンゴ礁では、『アルゼンチンタンゴのすべて』をテーマにタンゴの歴史やマエストロの紹介、またタンゴを作ってきたアルゼンチンの文化や歴史、さらにはインカ帝国時代まで遡って研究しています。
日本とは正反対にあるアルゼンチンですが、親日国としても知られており、近年日本人の移住者が増加している流れもあり、現地での生活情報なども随時発信中!
2021年より完全移住したタンゴピアニストの大長 志野が現地スタッフの日常カテゴリーにてお届けしております。
アルゼンチンタンゴが好きな方、タンゴ音楽に興味のある方、また将来中期〜長期に渡って移住してみたい方は是非是非ブックマークよろしくお願いします。