11月18日は命日:オスバルド・フレセド:タンゴの伝説

フレセドは、タンゴ音楽の表現力と技巧を高めることに成功しました。

オスバルド・フレセド:タンゴの伝説

オスバルド・フレセド(Osvaldo Fresedo, 1897年3月5日 – 1984年11月18日 / 87歳没)はアルゼンチンのブエノスアイレスで生まれ、若い頃から音楽に深い関心を持ちました。

彼のキャリアは、1920年代初頭にタンゴ楽団を結成し、ブエノスアイレスのナイトライフに革命をもたらしたことから始まります。

フレセドはその後も音楽活動を続け、タンゴ音楽の普及と発展に大きく貢献しました。

フレセドの生涯:初期の軌跡

オスバルド・フレセドは、幼少期から音楽に親しみ、特にタンゴに情熱を傾けました。彼はバンドネオン奏者としての才能を発揮し、20代で自らの楽団を率いるようになります。彼の楽団は、当時のブエノスアイレスで高い評価を受け、タンゴ音楽の新しい波を作り出しました。

フレセドの功績とタンゴへの影響

タンゴ文化への影響

フレセドは、タンゴ音楽の表現力と技巧を高めることに成功しました。

彼の作品は、タンゴの伝統に新たな次元を加え、ジャンルの拡大に貢献しています。

その音楽的遺産は、今日のタンゴ音楽においても重要な役割を果たしています。

フレセドの音楽は、現代のタンゴアーティストたちによって受け継がれています。

彼の創造したスタイルとメロディーは、現代のタンゴに新しい色合いを加え、タンゴの進化を促しています。

タンゴ音楽界でのフレセドの位置づけ

フレセドの音楽スタイルの分析

フレセドの音楽は、その独特なメロディーとリズムで知られています。

彼は伝統的なタンゴに新たな要素を加えることによって、タンゴ音楽に新しい方向性をもたらしました。

オスバルド・フレセドの代表曲10選

  1. Vida Mía
  2. Tigre Viejo
  3. Te Quiero Mucho
  4. Isla de Capri
  5. Buscándote
  6. Solos
  7. Pampero
  8. Arrabalero
  9. Niebla del Riachuelo
  10. El Espiante

青いタンゴ礁
青いタンゴ礁編集長
アルゼンチン、アルゼンチンタンゴの情報を発信するアルゼンチン大好きな人のためのメディアサイト。
現地取材ならではの写真や情報であなたをディープなアルゼンチンタンゴの世界へ誘います!