エセイサ国際空港から市内へバスで移動

アルゼンチンの玄関口と言っても過言ではないエセイサ国際空港について少し紹介。
そこから市内へ向かうのにもっとも安いバスでの移動を紹介します。
節約旅じゃない人はタクシーやレミースも選択肢に入れてください。

【ガンガン使おう】ブエノスアイレスでタクシーの使い方

ミニストロ・ピスタリーニ国際空港

エセイサ国際空港の正式名称はミニストロ・ピスタリーニ国際空港。

ブエノスアイレス市街地から南西に約25kmで所在地の住所がエセイサということで、エセイサ空港と呼ばれています。

正式名称の由来は、建設開始当時に建設大臣だったファン・ピスタリーニにちなんで名付けられました。

Tango.blue

第二次大戦前、アグスティン・ペドロ・フスト・ロロン大統領時代(1932年 - 1938年)政治家の名前が空港に着けられるとは、さすが、時代を感じますよね。

この時代のアルゼンチンは後に「 忌まわしき10年間 」とも呼ばれ、 アグスティン・ペドロ・フスト 大統領も不正選挙で当選したと言われています。

アルゼンチン中央銀行もこの政権下で設立されました。(1935年)

ちなみに フスト 大統領 の前は、ホセ・フェリクス・ウリブル 将軍が軍事クーデターでイポリト・イリゴージェン大統領を退任に追い込み、ファシスト政権を立ち上げようとしていたそうです。

そんな激動の時代に建てられたのが、エセイサ国際空港。

ブエノスアイレス空港コード

ちなみにアルゼンチン・ブエノスアイレスのエセイサ空港のコードはEZE。

航空券をお探しの方はEZEで検索してくださいね。

空港から市内へ

空港から市内へは、地下鉄や電車では接続されていないため、バスか車(レミース・タクシー)での移動になります。

お金がかかってもいいから、とにかく安全に迅速に移動したい方はレミース一択になります。

今回はバスで移動ですので、 Tienda Leon (ティエンダ・レオン) というバスを利用しました。

→ Tienda Leon (ティエンダ・レオン) の公式サイトはこちら

ティエンダ・レオン で市内まで行く場合は490peso(2019年12月現在で約1000円ほど)

ティエンダ・レオン のチケットは空港の外へ出て、このようなオレンジのブースで購入します。

Tagno.blue

空港から市内へはバスで約45分程度で到着します。

ティエンダ・レオンはバスの中でWifiが使えるから便利に移動できます。

両替について

アルゼンチンペソの両替は Banco nacioal (国立銀行)が空港内にあるので、探してみてください。

こちらは、ドル→アルゼンチンペソとユーロ→アルゼンチンペソに対応しています。

日本円からは直接アルゼンチンペソに両替はできないので注意してください。

空港に着いたら素早くアルゼンチンペソに両替する予定の方は、日本の空港で必ずドルに交換しておきましょう。

空港で並ぶのが嫌な方は圧倒的にこれです。

自宅で銀行振込や代引きで外貨交換が可能。

お得なレートで外貨両替するなら【外貨両替マネーバンク】

アルゼンチンではフリーランサーはドルでの支払いを対応しているほどドルが軸になっている国。

そのため、観光の際でも、一気にペソに換えるのではなくて、必要な分だけ交換するようにする方が安心かもしれません。

みんなドルを欲しがっています。

アルゼンチン人はドルへの交換に規制がかかっているため、ドルは本当に貴重。

もしも日本円から直接ペソに交換したい場合は市内にある、 banco piano (ピアノ銀行 )で交換できます。

ただし、レートが非常に悪くなるのでやはりドルを経由して次に紹介するブルーレートが最もお得にペソをゲットできます。

→ banco piano ピアノ銀行 の公式サイトはこちら

ブルーレート

アルゼンチンではブルーレートという特別なレートがあり、街中で交換できます。

ただし初めてアルゼンチンを訪れる方にとっては大変敷居の高い交換方法になりますので注意してください。

ブルーレートに関しては専用の記事を用意していますので、チェックしてください。

まとめ

ホテルやエアビなどで滞在先が決まっている方はタクシーかレミースでの移動の方が効率的だと思います。

ぶらり節約旅でホテルなどを歩きながら現地を楽しみながら探したい方はバスを利用して格安で市内まで行きましょう!

Follow me!

Kotaro Studio
Kotaro Studio『誰かのためにただここに在る』
金田式バランス電流伝送DC録音の遺伝子を受け継ぐ音響エンジニア・音楽プロデューサーの服部 洸太郎が運営する『旧・芸術工房Pinocoa』の『Kotaro Studio』が企画運営しています。
青いタンゴ礁では、『アルゼンチンタンゴのすべて』をテーマにタンゴの歴史やマエストロの紹介、またタンゴを作ってきたアルゼンチンの文化や歴史、さらにはインカ帝国時代まで遡って研究しています。
日本とは正反対にあるアルゼンチンですが、親日国としても知られており、近年日本人の移住者が増加している流れもあり、現地での生活情報なども随時発信中!
2021年より完全移住したタンゴピアニストの大長 志野が現地スタッフの日常カテゴリーにてお届けしております。
アルゼンチンタンゴが好きな方、タンゴ音楽に興味のある方、また将来中期〜長期に渡って移住してみたい方は是非是非ブックマークよろしくお願いします。