【今週の1枚】- アルゼンチンタンゴ“Rompelo Tano”

ブエノスアイレスで活躍する現役のタンゴピアニストが選定するおすすめタンゴアルバムシリーズ【今週の一枚】。
今週はリリースしたての新譜です。
バンドネオン奏者オスバルド・ルジェーロ氏に捧ぐ「Rompelo Tano」(ロンペーロ・タノ)

オスバルド・ルジェーロ(Osvaldo Ruggiero)

オスバルド・ルジェロは1922年9月22日ブエノスアイレス生まれ、1994年5月31日に亡くなったバンドネオン奏者。

1939年オスバルド・プグリエーセ楽団が結成される際の初期メンバーとして抜擢され、1968年にセクステートタンゴという別バンドをオスバルド・ルジェロが他メンバーと結成するまで、プグリエーセ楽団メンバーとして活躍していました。

オスバルド・プグリエーセ

そのオスバルド・ルジェロには二人の息子、ダニエル・ルジェーロとアドリアン・ルジェーロがおり、二人とも現在ブエノスアイレスのタンゴシーンでバンドネオン奏者として活躍しています。

生誕100周年オマージュ作品

今年2022年はオスバルド・ルジェーロの生誕100年。

100周年に向け息子たちが父へのオマージュとしてアルバム制作を企画していました。

アルバムは、父オスバルドの作曲したタンゴの名曲の中から11作品ピックアップ。

それらを、ルジェーロ兄弟の呼びかけによって選出された、現在ブエノスアイレスで活躍するバンドネオン奏者たちによって

アレンジされ、それを録音するという試みです。

収録日と収録場所

録音は、2022年の3月に、アルゼンチンの老舗とも言える「ION(イオン)スタジオ」にて行われました。

この企画のために集まった、それぞれのアレンジャーから織りなされる、

個々の味を生かしたアレンジ。

しかし、オスバルドの原曲を尊重した作品が11作品。

全てオーケストラ編成でのアレンジとなっています。

”Rompelo Tano”

タイトル “Rompelo Tano" ロンペーロ・タノ。

ロンペーロは、「やってやれ!」的な呼びかけ。

タノは、オスバルドのあだ名です。

icon image

オスバルド・ルジェロはたくさんのタンゴの名曲を残しているペン!
その中から11曲が息子たちにより選曲され、「どうや!父ちゃん!父ちゃんの曲でガツンとやってやろうぜ!「ロンペーロ・タノ!」
という感覚のタイトルだペン!

父が残したタンゴの名曲の再現。

息子たちから父への、

また、多くのバンドネオン奏者たちから愛され続けたタノへのオマージュの作品。

愛の詰まったアルバム、ぜひ聞いてみてください。

アルバムの発売記念コンサートは、オスバルド・レジェロの誕生日からちょうど100年の2022年9月22日にブエノスアイレスで行われました。

コンサートの様子

関連作品

オスバルド・ルジェロのプグリーセ楽団時代の録音はこちら

プグリエーセ楽団をオスバルド・ルジェロと共に一時期支えたロベルト・アルバレスとBarrio Shinoの作品「Festejando」

Follow me!

大長 志野
大長 志野青いタンゴ礁:現地取材スタッフ
音大を卒業後ピアニストとして活動開始。
2011年より南米アルゼンチン・ブエノスアイレスで生活しながら現地のタンゴシーンで数々の作品制作に携わり、リリース。
2015年からブエノスアイレスでタンゴ楽団Barrio Shinoを結成し活動開始。
2018年には同バンドにてコロール・タンゴのリーダーでタンゴ界の巨匠:ロベルト・アルバレスをゲストに迎え「Festejando」をリリース。
タンゴ楽団Barrio Shinoを率いて日本全国凱旋ツアーを行い、連日大盛況の中、最後の地大阪:フェニックスホールでは満員御礼にて終演。
2021年よりアルゼンチン・ブエノスアイレスに完全移住し現地のタンゴシーンにて現役のタンゴピアニストとして活躍中。
Kotaro Studioでは432hz癒しのピアノシリーズなども担当。
noteにてブエノスアイレスでの出産・育児の様子をブログ形式で掲載中。