【夢のホテル暮らしが実現!?】一時帰国に便利なホテル暮らしを実現する方法

最終更新日

icon image

この記事はアフェリエイト広告リンクを含みます!

アルゼンチンに移住を実現された方。

また長期滞在している方、またミュージシャンやダンサーなどの演者の方。

アルゼンチンからに限らず様々な理由で日本に一時的に帰国する必要がある方もいらっしゃるかもしれません。

そんな時にいちいちアパートを借りて契約して、ガス水道を通して役所にいって・・・

なんてやってられるわけありませんよね。

それを一発で解決する方法があるんです。

この記事を担当:こうたろう

1986年生まれ
音大卒業後日本、スウェーデン、ドイツにて音楽活動
その後金田式DC録音のスタジオに弟子入り
独立後芸術工房Pinocoaを結成しアルゼンチンタンゴ音楽を専門にプロデュース
その後写真・映像スタジオで音響担当を経験し、写真を学ぶ
現在はヒーリングサウンド専門のピアニスト、音響エンジニア、フォトグラファーなどフリーランスのマルチメディアクリエーターとして活動中
当記事ではアルゼンチンタンゴを知るためのコアな知識を考察していきます

1ヶ月単位の身軽な住まい

ホテル暮らしというと、一部の富裕層にのみ許された特権。。。

だった時代はとっくに終わりました。

ホテル・マンスリーのサブスクをチェック

ホテル暮らしの3つのメリット

ホテル暮らしは割高?!なイメージがあるかもしれませんが、少し冷静に考えてみるとこれほどお得な暮らし方はありません。

順番に見ていきましょう。

実はコスパがめっちゃいい

実はコスパがめっちゃくちゃいいです。

  1. 家具やベットなどを購入しなくて済む。
  2. 清掃等も任せられる。
  3. 高いセキュリティーも値段の中。

賃貸の場合は昨今家具付きの物件ももちろんでていますが、基本的にすべて自分で揃えなければいけません。

海外からの一時帰国の場合や、各地をとするパフォーマー、演者さんの場合はいちいち引越ししていられませんよね。

おまけにシーツ交換を含めた清掃もセットになっているため、家具とハウスキーパーさんがセットの料金であると考えることができます。

おまけにセキュリティーは普通の賃貸よりも高いのは当たり前。

総合的に考えてホテル暮らしが割高であるとは決して言えないわけです。

面倒な手続きが不要

水道、ガス、電気などなど。

入居、退去、それぞれもうとんでもなく面倒ですよね。

ホテル・マンスリーのgoodroomさんで契約すれば、WEBで申し込みが完了。

役所に行くなんてとんでもない・・・面倒な手続きは一切不要で、最短翌日から滞在することができます。

ホテル・マンスリーのサブスクをチェック

駅や空港近くなど立地条件も選べる

賃貸で駅、空港近くなどアクセスを重視した場所を探すのは本当に大変な作業になります。

一時帰国の一時滞在だからこそ移動は多くなるもの。

アクセスに好立地な物件ほど見つかりにくい賃貸とは正反対に、アクセスに好立地なほど見つかりやすいのがホテルです。

デメリットや注意

最短で14泊以上からの契約になります。

14泊以内であればじゃらんでホテルを予約した方がお得ですね!

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

また、一時帰国とっても、一年以上の滞在になるなど、条件によっては賃貸の方がコスパがいい場合もあります。

おそらく3ヶ月〜半年程度の滞在であればホテル・マンスリーのgoodroomさんのコスパが最大限発揮されるのではないでしょうか。

ホテル・マンスリーのサブスクをチェック

青いタンゴ礁
青いタンゴ礁編集長
アルゼンチン、アルゼンチンタンゴの情報を発信するアルゼンチン大好きな人のためのメディアサイト。
現地取材ならではの写真や情報であなたをディープなアルゼンチンタンゴの世界へ誘います!