【神話】マテの葉っぱに伝わる素敵な物語

夢の教えに従い、青年は空っぽになったカボチャを探し、その見たことのない木の葉を砕いて中に入れ、水でカボチャの溝を満たしました。

icon image

この記事は広告リンクを含みます!

マテ茶の飲み方や効能についてはある程度情報が広まりつつある昨今。
しかしそんなマテの発祥については地元で伝わる素敵な物語があるのを知っていましたか?

神々の贈り物

マテを最初に活用し始めたのは、グアラニー族の人たちでした。

グアラニー族は、他の地域との物々交換をしたり、神への捧げものとして、また、通貨としても使用していました。

(Caá はワラニ語では葉、植物、森というような意味がある。)

グアラニー族の人々にとって、マテの木は神々からの贈り物とされていました。

リオ・デ・ラ・プラタ副王領の範囲にマテの消費とその美徳を広める力となったのは、そこへ来たスペインからの征服者達でした。

文化

スペインの征服者たちイエズス会は先住民地区などを中心にマテの栽培を導入します。

マテを飲むことは、アルゼンチンでは独立前から国の大切な習慣の一つになっていました。

マテは、国民的なアイデンディティと、アルゼンチン経済を構成する一部となっており、1816年に国の独立の為に激しく議論していた人達の間でさえも、マテが飲まれていたことを明確になっています。

マテは全ての社会層を団結し、平等にしました。

裕福なもの、貧困層、支配者、奴隷、現地人、スペイン人、男性、女性、老いも若きも。

違う立場間でさえも、マテを共有していたと言われています。

社会の階級を区別する方法は「マテに何を足して飲むか」ということで分けていたそうです。

例えば、当時の貴族は、牛乳、クリーム、シナモンやクローブを香りとして加えることにより、より高貴なマテとして嗜んでいました。

アルゼンチンで最初のマテソムリエである「バレリア・トラパガ」がこんな言葉を残しています。

「マテの前では我々は皆同じだ」

バレリア・トラパガ

豆知識

「マテを入れる」というときには、servir(提供する) という単語ではなく、cebar (入れる)を使います。

cebar は、栄養を分けるというニュアンスもあり、cebarという行動は、愛、親しみ、献身の気持ちを込めて行うという意味が込められています。

マテを入れるという行動そのものに心を込めてそれを皆と共有しようという気持ちが込められています。

また、グアラニー族がマテを発見し、それが彼らの生活の一部になったとき、それは彼らにとって煎じ薬のような大切なものでした。

この素晴らしい薬草を自分たちだけではなく、多くの民族、より広い世界でそれを共有しようと決めました。

今、私たちがマテを飲むことができているのは、その想いがあったからこそ。

どれほどまでにグアラニー族、そして、南米でマテが愛されているかがよくわかるエピソードが詰まっていました。

日本でもアルゼンチンと同じ本場のマテ茶を購入することができ、マテ器も同じものが買えますので、アルゼンチンとほぼ同じ味を楽しむことができます。

マテ茶は飲むサラダとも言われるほどビタミンC・ビタミンA・ビタミンB群、鉄分・カルシウム・マグネシウム等、豊富なビタミンとミネラルやポリフェノールが含まれています。
お肉中心の食生活になりがちな南米人にとって、古くから親しまれている健康茶。
現地ではマテインという造語もあるほど一度この味にはまると虜になってしまいます!
是非マテ壺と一緒に購入して楽しんでみてください。

タラグイ(青)

茎なしと茎ありがあり、こちらはブルーモデルの茎なし版。

タラグイはアルゼンチンでもかなり人気のマテ茶で定番中の定番。

お値段もアルゼンチンと同じ味を楽しめると考えれば激安です。

茎なしはスモーキーな感じが強くでますので、最初の蒸らし時間を長めにとってください。

タラグイ(赤)

こちらは茎あり。

どっちが美味しいというわけではなく、好みの問題。

あえていうとすれば、青いタンゴ礁の事務所では青はマテ壺で、赤は水出しで飲んでいます。

アルゼンチンでは赤の方が売れているかも?

セレクタ

マテ茶は南米全土で楽しまれていて、こちらはパラグアイ産の農薬不使用マテ茶。

独特の苦味があり、肉料理のあとにさっぱりした飲みごたえがたまりません。

1950年創業以来南米各地に老舗マテ茶メーカーとして有名です。

タラグイ

こちらはタラグイのフレーバータイプ。

アルゼンチンでもジンジャーフレーバーをはじめたくさんのフレーバーマテ茶が売られています。

好みは分かれますが、はまればフレーバーばかりになる人も。

オレンジが好きな方は是非一度試してみてください。

マテ壺は天然木を削ったものとステンレスのものがあります。
両者の違いを簡単に説明すると、天然木の方は年数を重ねるごとに壺自体にマテの味が染み込んでいく育成系のマテ壺。
愛情を持ってマテを飲み続けることであなただけの一本に仕上がります。
しかし、毎日飲まない人にとっては、メンテナンスや、夏場は衛生的にも問題を感じやすいのがデメリット。
一方でステンレスの場合は常に衛生的で、マテ茶を捨てるの忘れても綺麗に洗えばOKですね。
アルゼンチンでもステンレス製やガラス製のものをみかけることが多くなりました。
また、厳密にいえばウルグアイ産のマテ壺と、アルゼンチン産のマテ壺ではその作り方や形状が違っています。

ガラス製

こちらはガラス製。

やっぱり洗いやすいです。

定番の使いやすさでマテ茶の味を楽しんでください。

ステンレス

こちらはステンレス製。

洗いやすさはもちろんですが、ガラス製に比べるとやはりお値段もお手頃価格となっています。

蓋付き

プラグイン「VK Blocks(無料)」はビジネスサイトの構築に役立つさまざまなブロックとスタイルおよび機能を追加するブロックライブラリです。

ウルグアイ

ウルグアイスタイルの現地と同じマテ壺。

本当にマテ茶が大好きで毎日欠かさず飲むという方はこの天然のものを使ってください。

アルゼンチン人とウルグアイ人の見分け方があります。

毎日マテ茶を飲むのがアルゼンチン、ベットにまでマテ壺を持ち込むのがウルグアイ人。

素敵なマテの物語

グアラニー族には言い伝えがあります。

マテはどうやって発見されたのか??

最後に素敵なマテの物語で締めくくりたいと思います。

月の女神ヤシー(Yacy)は、いつも夜空を散歩しながら、森や、湖、川、そして河口に興味をもち、観察していました。

毎日、それらの美しい景色を見ては、世界を初めて知った少女のように美しさに酔いしれていました。

そして、世界を旅してきたものたちからの、動物の生活、花の美しさ、コオロギの歌、鳥のさえずり、川のせせらぎ・・

などについてのを聴くことに。

月の女神ヤシー はますます好奇心が強くなり、地上を訪れることを強く願いました。

そして、ある日、月の女神ヤシー は、雲の女神Arai(アライ)とともに 太陽のKuaray (クアライ)に1日だけ地上に降りて、地上の美しさに触れたい。

と頼みに行きました。

太陽神はなかなか許しを下さなかったのですが、強い願いに最後は許可を出し、無事地上に行くことが許されました。

太陽神は一つだけ注意点を伝えました。

地上の自然界(ジャングル)では、あなたたちは他の普通の人間のように、とても弱い。

たとえそのように見えなくても。(だから気をつけなさい)

こうして、ヤシーはアライとともに地上に降り立ちました。

いつも高い場所から見ていた素晴らしい場所を訪れ、あらゆる場所に感嘆しました。

クモが網を張り、川の冷たい水を感じ、手で赤い地球に触れたのを彼らはそれをよく観察し、大いに楽しみました。

しかし、二人の女神は、その新しい世界に夢中になってしまっていたので、途中から一匹のトラが近づいていることに気がつかなかった。

その虎は、空腹だったので、その二人の女神を食べるために襲いかかろうとしました。

しかし、その時、ちょうどそこを通りかかった若い猟師が、矢を放ち、そのトラに見事命中。

女神たちの命は救われたのです。

その若い男は、獲物を探し続けていましたが、トラを仕留めたことに満足し、自分の部族に戻る前に木の麓で一休みすることにしました。

その時、夢白い服をきた女神たちが夢で現れ、その猟師に優しく話しかけました。

ヤシーはその若い男に、

「あなたが部族の村に帰ったとき、その入り口に、今までに見たこともない木を見つけるでしょう。 これは、助けてくれたお礼の印です。 」

と伝えました。

続けて「その葉の取り扱い方を伝え、それは、交流の象徴として、すべての部族の人々を団結させる煎じ薬です」と伝えました。

その青年が眠りから覚め、部族の村に帰ると、本当に夢で言われた通り、村の入り口には今までに見たことのない木が立っていました。

夢の教えに従い、青年は空っぽになったカボチャを探し、その見たことのない木の葉を砕いて中に入れ、水でカボチャの溝を満たしました。

そのあと、小さな杖をさしてそれを飲んでみました。

その煎じ薬は、すぐさま青年の行動を興味深く観察していた部族の皆で共有されます。

カボチャの入れ物は、人々の手から手へと渡り、皆がその煎じ薬を飲んでいったそうです。

神様からの贈り物「 すべての部族の人々を団結させる煎じ薬 」マテ茶。

素敵なおはなしでした。

最新の記事はこちら

【移住者が徹底解説】アルゼンチン移住で知っておくべき5つの真実
アルゼンチンに移住するメリットはいいところは探せばキリがないほど魅力的です!…
ブエノスアイレスの路面電車で味わう – 歴史と文化が詰まった懐かしい移動手段
現地の雰囲気を存分に味わいたいなら、ブエノスアイレスの路面電車がお勧めの選択肢といえるでしょう。…
アルゼンチン旅行で注意!デング熱の予防対策を徹底しよう
青いタンゴ礁ではアルゼンチンの最新情報を発信し続けますので、是非是非ブックマークよろしくお願いします。…
ウルグアイのモンテビデオの今〜久々の4Kウォーキング
ウルグアイは南米大陸の小国ながら、豊かな自然と温暖な気候、活気に満ちた首都モンテビデオが魅力的な国です。…
【定額乗り放題です】ブエノスアイレス地下鉄の乗り方と終電
本日は圧倒的に格安で移動できる地下鉄の乗り方を紹介したいと思います。…
【アルゼンチンの魂】フォルクローレの歴史から楽器までの完全ガイド
アルゼンチンのフォルクローレ音楽は、その豊かな歴史と文化的多様性において、この国のアイデンティティを形作る重要な文化的な要素の一つです。…
【映像資料あり】アルゼンチン国民の23%が信者?!聖人:ガウチート・ヒルのすべて
実際に1900年代中盤からはアルゼンチンの発展とともに、新自由主義の思想が付随して急速に信仰が広まっており、2019年の時点で、アルゼンチン人の約23%がガウチトの信者であるという説もあります。…
2024年最新のアルゼンチンの様子レポート
本日は2024年時点のアルゼンチンの様子を現地スタッフよりレポートしていきましょう。…

青いタンゴ礁
青いタンゴ礁編集長
アルゼンチン、アルゼンチンタンゴの情報を発信するアルゼンチン大好きな人のためのメディアサイト。
現地取材ならではの写真や情報であなたをディープなアルゼンチンタンゴの世界へ誘います!