Astor Piazzolla

アストル・ピアソラ(Astor Piazzolla, 1921年3月11日 - 1992年7月4日 / 71歳没)

アルゼンチンの作曲家、バンドネオン奏者。

クラシックやジャズの要素をタンゴに融合させ、独自の演奏スタイルを確立しました。

1921年、アルゼンチンのマル・デル・プラタにイタリア移民三世の子として生まれ、4歳の時に一家でニューヨークに移住しました(15歳まで)。
1931年にブロードウェイのラジオ局でバンドネオンのフォルクローレを録音、1932年に処女作となる『42番街に向けて着実に』を作曲しています。
その後アルゼンチンに移住。
父の開いたレストランでバンドネオン、ハーモニカを演奏し、1938年にラジオで「エルビーノ・バルダーロ楽団」に感動しタンゴ音楽を興味を持ちます。
1939年、トロイロから即決で採用されトロイロ楽団に参加。
1940年から5年間、アルベルト・ヒナステラに師事して音楽理論を学ぶ。
1944年にトロイロ楽団を脱退。
自らの楽団を率いて活動を開始しました。
引用:Wikipedia

ピアソラNY時代の様子

アメリカでは1920年~1933年まで歴史的悪法とも言われる禁酒法時代でした。

禁酒法という歴史は音楽やアートシーンにも様々な影響を与えた歴史の一つで、当時暗黒街のマフィアらが集まる「スピーク・イージー」と呼ばれる違法酒場で不可欠な存在になって、ジャズ音楽が広まっていくきっかけになります。

1922年頃~ジャズミュージシャンとして有名なルイアームストロングがシカゴ、そしてニューヨークへ拠点を移しているので、もしかしたら幼いころのピアソラとルイアームストロングは、どこかのライブハウスで会っていたかもしれませんね。

ピアソラのNY滞在は15歳までなので、1936年までニューヨークに住んでいてピアソラはベニーグッドマンや、デュークエリントン、カウントベイシーなど、ジャズの歴史を築き上げてきた錚々たるメンバー の演奏を生で感じながら育っていたのかもしれません。

パリから晩年

1954年、ナディア・ブーランジェに師事するためにパリへ向かいます。

1955年7月に帰国。

帰国後はエレキギターを取り入れたブエノスアイレス八重奏団を結成し前衛的な作風を確立していきました。

保守的なタンゴファンからは「タンゴの破壊者」と罵られることもありました。

命を狙われたこともあったと伝えられています。

1958年には家族で幼い頃に過ごしたニューヨークに移住しました。

パリ&NYの背景

1954年にパリへ向かったピアソラでしたが、この時代は日本人画家の金山康喜もパリで活躍していたので、ピアソラと金山康喜もすれ違っていたかもしれなですね!
ニューヨークへ移住した1958年頃、ジャズ界では日本でも知名度の高いアート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズの人気曲『モーニン』が録音され、翌年の1959年8月にはマイルス・デイヴィス『カインド・オブ・ブルー』がリリースされています。
ウォール・ストリートを起点とする金融業界では1957年にS&P500インデックスが正式に発表されました。

1973年から心臓発作による休養、1988年の心臓バイパス手術などで健康面に不安を見せながら様々な作品を世に送り出しました。

1990年にはパリの自宅で脳溢血により倒れて以降闘病生活となり、大統領専用機でアルゼンチンに帰国します。

1992年にブエノスアイレスの病院にて71歳でその生涯を終えました。

作曲リスト

ア・ドン・ニカノール・パレデス【A Don Nicanor Paredes】 (Milonga)

アディオス・ノニーノ【Adiós Nonino】 (Tango)

アルギエン・レ・ディセ・アル・タンゴ【Alguien le dice al tango】  (Tango)

アニョス・デ・ソレダッド【Años de soledad】  (Tango)

アヴェ・マリア【Ave María】 [b]  (Tango)

バラダ・パラ・エル【Balada para él】 (Tango)

バラダ・パラ・ミ・ムエルテ【Balada para mi muerte】 (Canción)

バラダ・パラ・ウン・ロコ【Balada para un loco】  (Tango) (1969)

バンド【Bando】  (Tango)

ボチャ【Bocha】  (Tango) (1981)

ブエノス・アイレス・オラ・セロ【Buenos Aires hora cero】  (Tango)

カランブレ【Calambre】  (Tango)

カリエンテ【Caliente】  (Tango)

カンペオン【Campeón】 (Tango blues)  (Tango)

カンシオン・デ・ラス・べヌシナス【Canción de las venusinas】(Milonga)

カンシオン・デ・ロス・ホーべネス・アマンテス【Canción de los jóvenes amantes】 (Canción)

カント・デ・ノーチェ・イ・ショビスナ【Canto de noche y llovizna】 (Milonga)

チェ・タンゴ・チェ【Che, Tango, che】 (Tango)

チキリン・デ・バチン【Chiquilín de Bachín】  (Tango)

シエルタ・トゥス・オホス・イ・エスクチャ【Cierra tus ojos y escucha】  (Tango)

コントラバヘアンド【Contrabajeando】  (Tango)

コントラステ【Contrastes】 (Tango)

コントラティエンポ【Contratiempo】  (Tango)

デカリシモ【Decarísimo】  (Tango)

エル・シエロ・エン・ラス・マノス【El cielo en las manos】 (Tango) (1950)

エル・ゴルド・トリステ【El Gordo triste】  (Tango)

エル・ティテレ【El títere】 (Milonga)

エスクアロ【Escualo】  (Tango)

ファブラ・パラ・ガルデル【Fábula para Gardel 】(Poema evocativo)

フィナル・デ・フンシオン【Final de función】 (Tango) (1985)

フラかナパ【Fracanapa】  (Tango)

フーガ・イ・ミステリオ【Fuga y misterio】  (Tango)

フギティーバ【Fugitiva】  (Tango) (1952)

グラシエラ・オスクーラ【Graciela Oscura】 (Milonga)

アセ・ベインテ・アニョス【Hace veinte años】 (Tango)

インビエルノ・ポルテーニョ【Invierno porteño】 (Tango)

ハシント・チクラーナ【Jacinto Chiclana】 (Milonga)

フアニート・ラグーナ・アシュダ・ア・ス・マドレ【Juanito Laguna ayuda a su madre】  (Tango)

ラ・ビシクレタ・ブランカ【La bicicleta blanca】 (Polca/ Tango)

ラ・カジェ・ノベンタ・イ・ドス【La calle noventa y dos】 (Tango)

ラ・フィン・デル・ムンド【La fin del mundo】  (Tango)

ラ・ミスマ・ペーナ【La misma pena】  (Tango) (1951)

ラ・ムエルテ・デル・アンヘル【La muerte del ángel】  (Tango)

ラ・ナベ・デ・フエゴ【La nave de fuego】 (Canción)

ラ・プリメーラ・パラダ【La primera palabra】 (Vals)

ラ・ウルティマ・グレラ【La última grela】  (Tango)

ラ・ジュンバ/アディオス・ノニーノ【La yumba/Adiós Nonino】  (Tango)

ラス・シウダデス【Las ciudades】  (Tango)

リベルタンゴ【Libertango】  (Tango) (1990)

ロケ・ベンドラ【Lo que vendrá】  (Tango)

ロス・イホス・デル・リオ【Los hijos del río】 (Huella)

ロス・パハロス・ペルディードス【Los pájaros perdidos】 (Canción) (1973)

ロス・パラグアス・デ・ブエノス・アイレス【Los paraguas de Buenos Aires】 (Milonga)

ロス・ペスカドーレス・デル・ミステリオ【Los pescadores del misterio】 (Milonga)

マリア・イ・ラス・アベス【María y las aves】 (Milonga) (1981)

マロン・イ・アスール【Marrón y azul】 (Tango)

ミ・ロコ・バンドネオン【Mi loco bandoneón】  (Tango) (1981)

ミケランジェロ・セテンタ【Michelangelo 70】  (Tango) (1969)

ミロンガ・デル・アンヘル【Milonga del ángel】(Milonga)

ミロンガ・デル・トロバドール【Milonga del trovador】 (Milonga) (1981)

ミロンガ・エン・アイ・メノール【Milonga en ay menor】 (Milonga)

ミロンガ・ロカ【Milonga loca】 (Tanguedia II) (Milonga moderna)

ノー・キエロ・オトロ【No quiero otro】 (Milonga)

ノーチェス・ラルガス【Noches largas】  (Tango) (1945)

ノニーノ【Nonino】  (Tango)

ヌンカ・ヌンカ・テ・オルビデ【Nunca nunca te olvidé】  (Tango)(1964)

オブリビオン【Oblivion】  (Tango)

オトーニョ・ポルテーニョ【Otoño porteño】  (Tango)

ラス・ルシルセ【Para lucirse】  (Tango)

ピカソ【Picasso】 (A Pablo Picasso)

ピグマリオン【Pigmalión】  (Tango) (1947)

ポエマ・エン・シ・マジョール【Poema en sí mayor】 (Tango)

ポル・クルパ・トゥーシャ【Por culpa tuya】 (Tango) (1941)

プレルディオ・パラ・エル・アニョ・トレスミルウノ【Preludio para el año 3001】 (Tango)

プレルディオ・パラ・ラ・クルス・デル・スール【Preludio para la Cruz del Sur】(Milonga)

プレルディオ・パラ・ウン・カニジータ【Preludio para un canillita】  (Tango)(1972)

プレパレンセ【Prepárense】 (Tango)

プリマベーラ・ポルテーニャ【Primavera porteña】  (Tango)

レビラード【Revirado】  (Tango)

リオ・セナ【Río Sena】  (Tango)

ロマンセ・デル・ディアブロ【Romance del diablo】 (1965)

セ・フエ・シン・デシールメ・アディオス【Se fue sin decirme adiós】  (Tango)

セラ・ケ・エストイ・ジョランド【Será que estoy llorando】  (Tango) (1981)

シエンプレ・セ・ブエルべ・ア・ブエノス・アイレス【Siempre se vuelve a Buenos Aires】  (Tango)

タンゴ・デル・アンヘル【Tango del ángel】  (Tango)

タンガンゴ【Tanguango】 (Tango)

テ・キエロ・チェ【Te quiero che】 (Milonga)

トリステ・デ・ウン・ドブレ・ア【Tristeza de un doble A】  (Tango)

トゥリンファル【Triunfal】 (Tango)

バルス・デル・ディエシオーチョ【Vals del 18】(Vals) (1981)

バモス・ニーナ【Vamos Nina】  (Tango)

ベラーノ・ポルテーニョ【Verano porteño】(Tango)

ビオレンタンゴ【Violentango】  (Tango)

ブエルボ・アル・スール【Vuelvo al sur】  (Tango)

ウィスキー【Whisky】 (Tango)

ジョ・ソイ・エル・バンドネオン【Yo soy el bandoneón】  (Tango) (1981)

スム【Zum】  (Tango)

Follow me!

Kotaro Studio
Kotaro Studio『誰かのためにただここに在る』
金田式バランス電流伝送DC録音の遺伝子を受け継ぐ音響エンジニア・音楽プロデューサーの服部 洸太郎が運営する『旧・芸術工房Pinocoa』の『Kotaro Studio』が企画運営しています。
青いタンゴ礁では、『アルゼンチンタンゴのすべて』をテーマにタンゴの歴史やマエストロの紹介、またタンゴを作ってきたアルゼンチンの文化や歴史、さらにはインカ帝国時代まで遡って研究しています。
日本とは正反対にあるアルゼンチンですが、親日国としても知られており、近年日本人の移住者が増加している流れもあり、現地での生活情報なども随時発信中!
2021年より完全移住したタンゴピアニストの大長 志野が現地スタッフの日常カテゴリーにてお届けしております。
アルゼンチンタンゴが好きな方、タンゴ音楽に興味のある方、また将来中期〜長期に渡って移住してみたい方は是非是非ブックマークよろしくお願いします。