ブエノスアイレス のコレクティーボ【バスの乗り方】

今日はその中の「バス」colectivo (コレクティーボ) の乗り方をご紹介したいと思います!

icon image

この記事は広告リンクを含みます!

「バス」colectivo (コレクティーボ) の乗り方をご紹介
icon image

青いタンゴ礁の提携スタジオが制作する愛と調和の周波数432hzで聴く癒しのピアノソロカバーシリーズ!
作業用BGMとしていかがでしょうか。
最新作続々リリース中!

結論→観光でバスは困難

Tango.blue

ブエノスアイレスでは、バスは至るところに路線が張り巡らされており、

お値段も安く、地下鉄で使うスーべも併用できるため、便利なのですが、

非常にややこしく難しいため、観光での利用はおすすめできません。

【定額乗り放題です】ブエノスアイレス地下鉄の乗り方と終電

何が難しいのか?

コレクティーボは番号で判断し、番号によって行き場所が違っております。

もちろん目的地は変わらないのですが、

目的地までのルートは運転手の気分や交通状況によって変わってくるため、

本当にあっているかどうか不安になったり、

ルートの数も多ければ最終地点までの距離も長く

迷ってしまったら、リカバリにかなり労力を費やします。

実際現地の人でもほとんど把握しておらず、

乗る時に運転手に行き先を確認しながら利用しています。

短期滞在の場合は地下鉄やタクシーの併用がおすすめですし、

観光の場合は観光専用の黄色のバスがありますので、そちらが激しくおすすめ!

ブエノスアイレスの観光地を安全に周る方法 / 黄色のバスを予約

Como llego の使い方

ちなみにブエノスの町の中でどの交通機関で移動すれば便利かと探すには、

Como llegoを使ってください。

Como llego (アルゼンチンのサイトへ)

出発地点と目的地の住所を入れると、

どのように行けば便利かいくつかの可能性を提示してくれます。

もしもの時のためにブックマークしおくといいかもしれません。

icon image

青いタンゴ礁のブックマークもよろしくね!

バスに乗るときの準備

必要な持ち物は目的地の住所と、スーベ。

スーべは地下鉄の改札付近で購入できます。

【定額乗り放題です】ブエノスアイレス地下鉄の乗り方と終電

1、乗りたいバスが来る。
→バスに乗り込み、行き先を伝えると、運転手がスーべで払うべき金額を表示させてくれます。
(現在42ペソから58ペソ)

Hasta 〇〇 (目的地)(アスタ・〇〇)

2、スーべを機械にかざして支払います。

スペイン語メモ「〇〇まで行きますか?」Va hasta 〇〇? (バ・アスタ・〇〇?)
「〇〇を通りますか?」Pasa por 〇〇?(パサ・ポル・〇〇?)

降りる時

各バス停で止まってくれるわけではないので、

もうすぐ自分の降りるバス停が近づいて来たと思ったら、

出口(後方2つのドア)に近づき、ボタンを鳴らします。

ボタンを鳴らすと、次止まると運転手はわかってくれて、止まってくれます。

ほとんど、ちゃんと止まってくれますがたまーに知らんぷりして走り続ける運転手もいます。

面倒になると嫌なので、抗議などせずに諦めて降りれるところで降りましょう。

この辺りがブエノスアイレスでバスを使う時の難しいところ。

丁寧な案内などありませんから、自分でバス停を把握しておく必要がありますし、

ルートは運転手の気分次第。

ポイント降りる時はスーべかざす必要はありません。

もし、自分の降りる場所がよくわからない場合は、

運転手さんにタイミングを見計らって聴いてみましょう。

スペイン語メモ「〇〇で降りないと行けないけれど、もう近いですか?」 Tengo que bajar en 〇〇, ya esta cerca? (テンゴ ケ バハール エン 〇〇、ジャ エスタ セルカ?)

間違えて乗ったりしても交渉すれば降ろしてくれますが、とにかく荒い。

まとめ

  • 短期や観光では基本的に使わない。
  • 長期滞在で同じ場所を毎日行き来するようなケースで使う。
  • スーべは乗る時だけ。
  • 目的地までのルートは毎回違うことも。

基本的に生活の拠点をブエノスアイレスに置く場合の移動手段となりますので、

観光ではあまりおすすめできません。

しかし、やはりタクシーやレミースなどと比べても圧倒的に格安で移動できますので、

節約旅の方はチャレンジしてみてもいいかもしれません。

くれぐれも周りを良く見て、スリなどには注意して安全で楽しい旅にしてくださいね。

最後にバスの様子をチラリ・・・

青いタンゴ礁
青いタンゴ礁編集長
アルゼンチン、アルゼンチンタンゴの情報を発信するアルゼンチン大好きな人のためのメディアサイト。
現地取材ならではの写真や情報であなたをディープなアルゼンチンタンゴの世界へ誘います!