¡Hola! 今日はスペイン語文法100日企画の10日目です。

本日は、名詞の性別と数について学びます。

Profile

この記事を担当:こうたろう

1986年生まれ
音大卒業後日本、スウェーデン、ドイツにて音楽活動
ドイツで「ピアノとコントラバスのためのソナタ」をリリース後帰国
金田式DC録音のスタジオにて音響学を学ぶ
独立後芸術工房Pinocoaを結成しアルゼンチンタンゴ音楽を専門にプロデュース
その後写真・映像スタジオで音響担当を経験し、写真を学ぶ
現在はヒーリングサウンド専門のピアニスト、音響エンジニア、フォトグラファーなどフリーランスのマルチメディアクリエーターとして活動中
当記事ではアルゼンチンタンゴを知るためのコアな知識を考察していきます
♪この記事には広告リンクを含みます

名詞の性別について

スペイン語の名詞には男性名詞と女性名詞があります。

名詞の性別を判別する基本的なルールを以下に示します。

男性名詞の基本ルール

  • 基本的に “-o” で終わる名詞は男性名詞です。
    • 例:libro (リブロ – 本)
  • 例外:día (ディア – 日) は男性名詞です。

女性名詞の基本ルール

  • 基本的に “-a” で終わる名詞は女性名詞です。
    • 例:casa (カサ – 家)
  • 例外:mano (マノ – 手) は女性名詞です。

中立的な名詞

  • “-e” で終わる名詞や子音で終わる名詞は、性別を覚える必要があります。
    • 例:clase (クラセ – クラス) は女性名詞。
    • 例:árbol (アルボル – 木) は男性名詞。

職業や役割を表す名詞

  • 性別によって形が変わる名詞があります。
    • 例:profesor (プロフェソール – 男性教師) → profesora (プロフェソーラ – 女性教師)

言語の歴史と性別

スペイン語の名詞の性別は、ラテン語から受け継がれたものであり、ラテン語ではすべての名詞に性別がありました。

この性別は、単語の終わりだけでなく、語根にも影響を与えています。

名詞の数

スペイン語の名詞は単数と複数で形が変わります。

単数から複数への変化

  • 基本的に、名詞の末尾に “-s” または “-es” を追加します。
    • 例:libro (リブロ – 本) → libros (リブロス – 本たち)
    • 例:casa (カサ – 家) → casas (カサス – 家たち)

特殊な複数形

  • 母音で終わる名詞には “-s” を追加し、子音で終わる名詞には “-es” を追加します。
    • 例:mes (メス – 月) → meses (メセス – 月たち)
  • “-z” で終わる名詞は、”-ces” に変わります。
    • 例:lápiz (ラピス – 鉛筆) → lápices (ラピセス – 鉛筆たち)

不規則な複数形

  • 一部の名詞には不規則な複数形があります。
    • 例:el/los (エル/ロス – 男性定冠詞)

定冠詞と不定冠詞

スペイン語には定冠詞と不定冠詞があり、名詞の性別と数によって変わります。

1. 定冠詞

  • 男性単数:el
    • 例:el libro (エル リブロ – その本)
  • 女性単数:la
    • 例:la casa (ラ カサ – その家)
  • 男性複数:los
    • 例:los libros (ロス リブロス – それらの本たち)
  • 女性複数:las
    • 例:las casas (ラス カサス – それらの家たち)

2. 不定冠詞

  • 男性単数:un
    • 例:un libro (ウン リブロ – ある本)
  • 女性単数:una
    • 例:una casa (ウナ カサ – ある家)
  • 男性複数:unos
    • 例:unos libros (ウノス リブロス – いくつかの本たち)
  • 女性複数:unas
    • 例:unas casas (ウナス カサス – いくつかの家たち)

性別

スペイン語はラテン語から派生したロマンス語の一つで、ラテン語の名詞の性別と数のシステムを受け継いでいます。

ラテン語では、名詞の性別が非常に重要であり、形容詞や動詞とも一致させる必要がありました。

スペイン語でも同様に、名詞の性別と数は文法の重要な要素となっています。

例文で理解を深める

名詞の性別と数、冠詞の使い方を理解するための例文を見てみましょう。

スペイン語 読み方 日本語訳
El libro es interesante. エル リブロ エス インテレサンテ その本は面白いです。
La casa es grande. ラ カサ エス グランデ その家は大きいです。
Los libros son interesantes. ロス リブロス ソン インテレサンテス それらの本は面白いです。
Las casas son grandes. ラス カサス ソン グランデス それらの家は大きいです。
Un libro cuesta diez euros. ウン リブロ クエスタ ディエス エウロス ある本は10ユーロです。
Una casa cuesta mucho dinero. ウナ カサ クエスタ ムチョ ディネロ ある家はたくさんのお金がかかります。
Unos libros están en la mesa. ウノス リブロス エスタン エン ラ メサ いくつかの本がテーブルの上にあります。
Unas casas están en venta. ウナス カサス エスタン エン ベンタ いくつかの家が売りに出されています。

今日は、スペイン語の名詞の性別と数について学びました。

これらの文法ルールを理解することで、スペイン語の文章作成や会話がよりスムーズになります。

次回は、形容詞の一致について学びましょう。

¡Hasta mañana! (また明日!)