アルゼンチンの迷信?!都市伝説?!『鏡が割れると不吉説』の真相と不運を避ける対処法

アルゼンチンでは、「鏡が割れると7年間不運が訪れる」と多くの人が、小さい頃から迷信として言い伝えられています。

icon image

この記事は広告リンクを含みます!

鏡が割れると「不吉なことが起こる前兆」などと聞いたことがありませんか?
ここアルゼンチンでも、「鏡が割れると7年間不運が訪れる」と多くの人が、小さい頃から迷信として言い伝えられています。
迷信の由来は?
なぜ7年?
探ってみましょう。

旅の指さし会話帳

喋れなくても、聞きとれなくても大丈夫。

「指さす」だけで通じます!

ヨミガナが付いているので、心配ご無用!

地球の歩き方

ブエノス・アイレスから人気のイグアスの滝、そしてパタゴニアの氷河まで、南米の全ての大自然の魅力をもつアルゼンチン。

旅のバイブルです。

ノスタルジックな「南米のパリ」

タンゴの音楽が流れる美しい街。

本書は世界三大劇場の一つとされるコロン劇場をはじめアルゼンチンタンゴが楽しめるお店、味のある人気のオールドカフェなどブエノスアイレスで押さえるべき観光&グルメスポットを一挙にご紹介。

ポピュリズム大陸 南米

南米と日本の「不平等と格差」は“程度の問題”に過ぎない。

南米のリアルから日本の危機をも示す警告の書。

南米のことをもっと深く知りたい方へ!

古代ギリシャ、ローマ帝国に始まる

実はこの迷信。

2000年から2700年の歴史があるとされています。

古代ギリシャや、ローマ帝国の人々にとって、反射された画像は、未知の力を持っているとされていたので

ギリシャ人にとっては、水たまりの表面に人が映ったことで彼の魂が明らかになり、ローマ人にとっては、鏡に映った自分の魂は、神々の魂だとして、大切に観察しました。

当初鏡は、銅や銀などの金属で、職人の手によって作られていたらめ、壊すこと、壊れることが簡単なことではありませんでした。

もし壊れたら・・・
1. 鏡を損傷すると神々に無礼だ。
2. 割れた破片に愛人の魂が閉じ込められる。
3. 簡単に壊れないものが壊れると、何か不吉なことが起こる前兆だ。
4. 多くの負のエネルギーが集まって破損した。

といわれていました。

7年周期

3世紀頃になり鏡がガラスで作られるようになり、鏡は以前の金属よりもより頻繁に壊れるようになります。

ローマ人たちは、人間の体は7年周期で更新すると信じていたので、鏡を壊して不運がおとずれても、それは永遠に続くことではなく、7年たてば幸運が訪れるということの証明として受け止められました。

そのため鏡が壊れると、その先の幸運があると理解して、安心感をえていたそうです。

また、この迷信の中には、鏡が小さな破片に砕けた場合、大きな破片に砕けた場合よりも不運が少なくなるということも言い伝えられています。

7年周期と聞いてピンときた方もいらっしゃるかもしれません!
そう、あの人智学、神智学者のルドルフ・シュタイナーも人生は7年周期説を唱えていました。

不運を避ける方法とは?

迷信には、それが起こった時の解決策が色々いわれております。

ここアルゼンチンでは、壊れた鏡の場合、不運を避けるために、すべての断片を集めて、紙または布の袋に入れて、それを強大な川に投げ込むべきだそうです。

不運を洗い流してくれるそう。

近くに流れの速い川がない場合は、その袋を地下に埋める方法もあります。

icon image

青いタンゴ礁の関連サイトも是非チェックしてね!

Curanz Sounds

432hzで調整された音楽を聴くことで あなたのアストラル体が音響波動と共鳴し あなたの内に秘められた「本当の自分」と出会うことができます。

432hzと共鳴し、今、あなたの最高の人生がスタートします。

究極のヒーリング音楽をあなたに。

音響・映像スタジオ

アルゼンチンで旅の記録を残したいですか?

Kotaro Studioでは専門チームが推奨する初心者からプロまで対応できる音響機材や、写真機材の紹介をしています。

あなたにぴったりの機材が必ず見つかります。

旅の記録のコーディネートはKotaro Studioに任せて、旅行計画に専念しましょう!

スペイン語聴き流し学習

スペイン語は2017年に英語を抜き話者数中国語に続き世界第2位に!

日本人にとってカタカナで発音するだけで、本当にネイティブ扱いされます。

ただカタカナで発音する・・・世界中のスペイン語学習者が苦労する要素を私たち日本人はすでにクリアしているんです。

つまり、今すぐネイティブになれるわけです。

音楽家育成塾

音大や芸大でも学べない音響やミュージックビジネスの分野。

Kotaro Studioのこうたろうが塾長となってしっかり伝授。

令和版芸術の寺子屋です。

関連コラム記事

【アルゼンチンの魂】フォルクローレの歴史から楽器までの完全ガイド
アルゼンチンのフォルクローレ音楽は、その豊かな歴史と文化的多様性において、この国のアイデンティティを形作る重要な文化的な要素の一つです。…
【映像資料あり】アルゼンチン国民の23%が信者?!聖人:ガウチート・ヒルのすべて
実際に1900年代中盤からはアルゼンチンの発展とともに、新自由主義の思想が付随して急速に信仰が広まっており、2019年の時点で、アルゼンチン人の約23%がガウチトの信者であるという説もあります。…
アルゼンチン大統領選挙2023:歴代大統領から現在の候補までの全解析
国民の多様な声が響く中、この国の政治的な将来はどのような方向に進むのでしょうか。…
色彩豊かなアルゼンチンのポンチョ – その歴史と文化
アルゼンチンのポンチョ(Poncho)は、単なる衣服以上の意味を持つアルゼンチンの民族文化の象徴です。…
アルゼンチン史:小学生でもわかる建国から現代までの歴史ガイド
アルゼンチンの建国と独立の過程は、スペインの植民地支配下で始まります。…

青いタンゴ礁
青いタンゴ礁編集長
アルゼンチン、アルゼンチンタンゴの情報を発信するアルゼンチン大好きな人のためのメディアサイト。
現地取材ならではの写真や情報であなたをディープなアルゼンチンタンゴの世界へ誘います!