アルゼンチンの迷信『鏡が割れると不吉説』の真相

鏡が割れると「不吉なことが起こる前兆」などと聞いたことがありませんか?
ここアルゼンチンでも、「鏡が割れると7年間不運が訪れる」と多くの人が、小さい頃から迷信として言い伝えられています。
迷信の由来は?
なぜ7年?
探ってみましょう。

古代ギリシャ、ローマ帝国に始まる

この迷信は2000年から2700年の歴史があるとされています。

古代ギリシャや、ローマ帝国の人々にとって、反射された画像は、未知の力を持っているとされていたので

ギリシャ人にとっては、水たまりの表面に人が映ったことで彼の魂が明らかになり、ローマ人にとっては、鏡に映った自分の魂は、神々の魂だとして、大切に観察しました。

当初鏡は、銅や銀などの金属で、職人の手によって作られていたらめ、壊すこと、壊れることが簡単なことではありませんでした。

もし壊れたら・・・
1. 鏡を損傷すると神々に無礼だ。
2. 割れた破片に愛人の魂が閉じ込められる。
3. 簡単に壊れないものが壊れると、何か不吉なことが起こる前兆だ。
4. 多くの負のエネルギーが集まって破損した。

といわれていました。

7年周期

3世紀頃になり鏡がガラスで作られるようになり、鏡は以前の金属よりもより頻繁に壊れるようになります。

ローマ人たちは、人間の体は7年周期で更新すると信じていたので、鏡を壊して不運がおとずれても、それは永遠に続くことではなく、7年たてば幸運が訪れるということの証明として受け止められました。

そのため鏡が壊れると、その先の幸運があると理解して、安心感をえていたそうです。

また、この迷信の中には、鏡が小さな破片に砕けた場合、大きな破片に砕けた場合よりも不運が少なくなるということも言い伝えられています。

不運を避ける方法

迷信には、それが起こった時の解決策が色々いわれております。

ここアルゼンチンでは、壊れた鏡の場合、不運を避けるために、すべての断片を集めて、紙または布の袋に入れて、それを強大な川に投げ込むべきだそうです。

不運を洗い流してくれるそう。

近くに流れの速い川がない場合は、その袋を地下に埋める方法もあります。

Follow me!

Kotaro Studio
Kotaro Studio『誰かのためにただここに在る』
金田式バランス電流伝送DC録音の遺伝子を受け継ぐ音響エンジニア・音楽プロデューサーの服部 洸太郎が運営する『旧・芸術工房Pinocoa』の『Kotaro Studio』が企画運営しています。
青いタンゴ礁では、『アルゼンチンタンゴのすべて』をテーマにタンゴの歴史やマエストロの紹介、またタンゴを作ってきたアルゼンチンの文化や歴史、さらにはインカ帝国時代まで遡って研究しています。
日本とは正反対にあるアルゼンチンですが、親日国としても知られており、近年日本人の移住者が増加している流れもあり、現地での生活情報なども随時発信中!
2021年より完全移住したタンゴピアニストの大長 志野が現地スタッフの日常カテゴリーにてお届けしております。
アルゼンチンタンゴが好きな方、タンゴ音楽に興味のある方、また将来中期〜長期に渡って移住してみたい方は是非是非ブックマークよろしくお願いします。