アルゼンチンへの脱走!?ナチスの秘密基地とヒトラーの謎

ヒトラーに関する証拠はありませんが、実際にナチスの高官たちがアルゼンチンに逃亡していたことは事実です。

icon image

この記事はアフェリエイト広告リンクを含みます!

信じるか信じないかはあなた次第な都市伝説。

アルゼンチンにも世界最大級の都市伝説が存在しています。

それが、実はヒトラーはアルゼンチンに逃げていたのではないか?

というもの。

第二次世界大戦後、ナチスの幹部が逮捕を逃れるために南米のアルゼンチンに逃亡したという説があるわけです。

中でもアドルフ・アイヒマンの証言が有名です。

アイヒマンはユダヤ人虐殺の実行者として知られ、戦後にブエノスアイレスで拘束されました。

アイヒマンは尋問で、ヒトラーをはじめとするナチスの首脳陣がUボートでアルゼンチンに脱出したと述べたとされています。

ドイツ村というドイツ人コミュニティーがあったり、何よりもアルゼンチンタンゴで使われているバンドネオンは、バンドネオンさんというドイツ人が発明した楽器です。

本日はそんなアルゼンチンの都市伝説を綴って行きましょう。

ナチスの高官や支持者がアルゼンチンに逃れた2つの形跡

ヒトラーだけでなく、ナチスの高官や支持者もアルゼンチンへの逃亡を試みたとする証拠が見つかっています。

アルゼンチンの政治的な風土や地理的条件が逃亡を容易にしたとされ、この地域がナチスの隠れ家となったという情報も多く存在しました。

1、ナチスの活動やコミュニティがあった

第二次世界大戦後、アルゼンチンはナチスの逃亡先として注目されました。

様々な報告や証言が、アルゼンチン国内でナチスのメンバーや支持者が集まり、コミュニティを形成していたことを示唆しています。

特に、南部の地域での彼らの活動や住居に関する情報が存在しました。

1960年代にはハンブルクのナチス支部長がブエノスアイレスで保護されていたと判明。

さらにアンデス地方にヒトラーの墓があるとする書籍も出版されます。これらはアルゼンチンがナチスの受け入れを支援した証左とされています。

2、アルゼンチン政府との関係性についての記録

ナチスやその関係者がアルゼンチンに逃れたことに関する政府の関与や承認についての記録が一部公にされています。

当時の政府や関係当局が、ナチスの逃亡を知りながら黙認していたのではないかという憶測が存在します。

公的な文書や政府関係者の証言がこの仮説を支持しています。

ヒトラーが実際にアルゼンチンにいたのかについての議論

アルゼンチンにおけるヒトラーの存在については、様々な憶測がありますが、その真偽ははっきりしていません。

証拠として提示される写真や目撃談は存在しますが、これらが本物かどうかを確証することは難しいとされています。

一部の研究者や専門家は、これらの情報を信じており、ヒトラーがアルゼンチンで暮らしていた可能性について議論しています。

また、過去に公開されたCIAの報告には、ヒトラーが南アメリカに逃れ、特にアルゼンチンで生存している可能性についての調査が記載されています。

これは彼の存在を裏付ける可能性を示しています。

ヒトラーの死の真実と都市伝説の対比

公式な歴史はヒトラーの自殺という出来事を確認していますが、都市伝説では彼がアルゼンチンに逃れ、別の身元を隠して生きていたというシナリオが展開されます。

歴史的な証拠と都市伝説との食い違いを解明することは、ヒトラーの最期に関する謎を解くための重要な一環です。

ナチスの金融的・文化的遺産がアルゼンチンに与えた影響

ナチスの逃亡とアルゼンチンへの移住に伴い、彼らがもたらした金融的な遺産や文化的影響が指摘されています。彼らは財産や資金を持ち込み、これがアルゼンチンの経済や文化に影響を与えたと考えられています。特に、一部の歴史家は、ナチスの技術や文化的影響がアルゼンチン社会に深く根付いた可能性を指摘しています。

アルゼンチン社会におけるナチスの遺産とその影響

ヒトラーに関する証拠はありませんが、実際にナチスの高官たちがアルゼンチンに逃亡していたことは事実です。

ナチスの逃亡者や支持者がもたらした文化的、政治的な遺産は、アルゼンチン社会に大きな影響を及ぼしました。

これには、特定の政治的な立場やイデオロギーの普及、文化的な構造への影響、さらには経済的な影響などが含まれます。

その影響は、戦後のアルゼンチン社会の形成において重要な要素の一つとされています。

青いタンゴ礁
青いタンゴ礁編集長
アルゼンチン、アルゼンチンタンゴの情報を発信するアルゼンチン大好きな人のためのメディアサイト。
現地取材ならではの写真や情報であなたをディープなアルゼンチンタンゴの世界へ誘います!