アルゼンチン赤エビの謎?!現地で絶品地中海料理を提供するレストラン8選

アルゼンチンのエビは、その豊富さと品質の高さから、国際的にも評価されている海産物です。

アルゼンチンのエビは、その豊富さと品質の高さから、国際的にも評価されている海産物の一つです。

この小さな美味しい甲殻類は、アルゼンチンの海で最も多く漁獲される4種類の海産物の1つで、年間20万トン以上が漁獲されています。

1980年代にはほとんど漁獲されていなかったこのエビは、今やアルゼンチンの主要な輸出商品となっています​

アルゼンチンのエビ漁業は、特に2011年頃から急速に成長し、国際市場での存在感を増してきました。

※この記事はAmazon広告を含みます。

旅の指さし会話帳

喋れなくても、聞きとれなくても大丈夫。

「指さす」だけで通じます!

ヨミガナが付いているので、心配ご無用!

地球の歩き方

ブエノス・アイレスから人気のイグアスの滝、そしてパタゴニアの氷河まで、南米の全ての大自然の魅力をもつアルゼンチン。

旅のバイブルです。

ノスタルジックな「南米のパリ」

タンゴの音楽が流れる美しい街。

本書は世界三大劇場の一つとされるコロン劇場をはじめアルゼンチンタンゴが楽しめるお店、味のある人気のオールドカフェなどブエノスアイレスで押さえるべき観光&グルメスポットを一挙にご紹介。

ポピュリズム大陸 南米

南米と日本の「不平等と格差」は“程度の問題”に過ぎない。

南米のリアルから日本の危機をも示す警告の書。

南米のことをもっと深く知りたい方へ!

どこで漁獲されますか?

これは、アルゼンチン南部のサンホルヘ湾近くの限られた漁場でのエビの豊富な漁獲によるものです。

水深約100メートルの海域に生息するこのエビは、成長が速く、適切なタイミングで収穫されれば、大量に捕獲することができます。

これにより、他のエビに比べて製品価格を安く抑えることが可能となりました。

過去には主にヨーロッパ向けに輸出されていましたが、ヨーロッパの通貨危機を受けて、日本やアジア市場への輸出が増えました。

日本向けには、船上で急速冷凍された高品質の商品が多く出荷されています​​​

アルゼンチンは世界で5番目に大きいエビとシュリンプの冷凍輸出国であり、2022年の最初の11ヶ月間の海外向け売上は約8億7500万ドルに達しました。

そのうちの28%は隣国ブラジルへ輸出されています。

また、アルゼンチンのマル・デル・プラタ市の大使は、漁業が同市の経済活動において最も重要な部門であり、ブラジル市場の再開が9年ぶりに成功したことを強調しました。これは、外交官との協力によるものです​​。

以上の情報から、アルゼンチンのエビ輸出産業は、国内外の市場需要の変化、国際政治経済の動向、および政府の積極的な支援によって形成され、発展してきたことがわかります。

特に日本市場への参入とその後の成長は、アルゼンチンのエビ輸出産業にとって重要なマイルストーンとなっています。

エビは主に海底で生活し、動植物の残骸を食べることが多いです。

アルゼンチン沿岸部では、エビの豊富な生息が見られます。

アルゼンチン赤エビは安全?

ある時期からスーパーで急に見かけるようになったアルゼンチン赤エビに関して今の所チリのサーモン養殖のような危険な噂は聞きません。

エビは非常に繁殖力が高く、1匹の雌が生涯で最大100万個の卵を産むことができます​

成長が早く、適切なタイミングで大量漁獲できるとのことなので、薬や餌に特別お金をかける必要もないでしょう。

栄養面では、エビは高タンパク質で低脂肪、オメガ3、鉄、カルシウム、リンが豊富です。

また、コレステロールが高いとされることがありますが、その大部分は頭部に集中しており、良質な脂肪がコレステロールの悪影響を抑えます​

選び方と保管方法

エビの選び方としては、新鮮なものが最もおすすめですが、良質な冷凍エビも非常に美味しいです。

エビを選ぶ際には、汚れや異常がないか、肉質がしっかりしているかを確認しましょう。保存方法としては、冷凍保存が一般的で、解凍後は24時間以内に消費することが推奨されます​

日本の甘エビも美味しいので是非食べ比べしてみてね!

アルゼンチン赤エビの栄養素

  1. 高たんぱく質: エビは高たんぱく質で、筋肉や組織の構築に重要です。
  2. オメガ3脂肪酸: 心臓病のリスクを減らす効果があります。
  3. アスタキサンチン: 強力な抗酸化物質で、アルゼンチン赤エビの赤色の源です。
  4. セレン: 抗酸化作用があり、免疫系を強化します。
  5. ビタミンB12: 赤血球の形成に不可欠で、神経系の健康にも影響します。
  6. 亜鉛: 免疫系の健康や細胞成長に関与します。

豊富な栄養素に加えてなかなか他の食材から摂ることが難しいオメガ3脂肪酸が取れるのは魅力的ですね!

また、亜鉛は元気いっぱい精力モリモリ?!なので妊活中のカップルにもおすすめ!

ただし、エビにアレルギーがある人は注意が必要です。

ブエノスアイレスでカジュアルに赤エビを堪能

アルゼンチンのエビを楽しめるレストランをいくつか紹介します!

Aurelia

Aurelia Cantinaはブエノスアイレスのパレルモ地区に位置するメキシコ料理のレストランで、特にエビ料理で知られています。

Aurelia Cantinaは、ブエノスアイレスで最も良いメキシコ料理レストランの一つと評価されています。

このレストランは、その本格的なメキシコ料理、素晴らしいサービス、そして心地よい雰囲気で知られています。

食事メニューはディナーに特化しており、屋外席、車椅子アクセス、テーブルサービス、アルコールの提供、フルバー、ワインとビールの提供、デジタル決済、無料Wi-Fi、クレジットカードの受け入れ、犬同伴可などの特徴があります​​​​​​​​​​​​​

お店の評価は高く、特にメキシコ料理が好評ですので、アルゼンチンでタコスを食べるならここをチェック!

Picarón

Picarónはブエノスアイレスのチャカリタ地区に位置するフュージョン料理のレストランです。

Picarónはフュージョン料理を提供するレストランで、ランチとディナーのサービスがあります。

ブエノスアイレスのレストランの中では、4,510軒中2,529位にランクされ、フュージョン料理の中では89軒中68位です。

このレストランは、ユニークな料理と素晴らしいサービスで知られています。

フュージョン料理の特徴は、様々な料理文化を融合させた創造的で革新的なメニューです。

特に、小皿料理が評価されており、フレーバーの豊かさや驚きの要素が体験の一部として強調されています​​。

Franca

Francaはブエノスアイレスのプエルトマデロ地区に位置するレストランで、イタリアン、シーフード、グリル料理、ワインバー、アルゼンチン料理を提供しています。

Francaはブエノスアイレスのレストランの中で2,778位にランクされており、ワインバーとしては102軒中72位です。

トリップアドバイザーのレビューでは、平均評価は3.5点(18件のレビュー)です。価格帯は1ドルから3ドルとリーズナブルで、ディナーサービスが提供されています。

プエルトマデロ地区に位置し、プエルトマデロからわずか0.3マイルの距離にあります。

レストランはその独特な料理のスタイル、フレンドリーなサービス、そしてリラックスした雰囲気で知られており、地元の食通や観光客からも高い評価を得ています。

特に、イタリアンとアルゼンチンのフュージョン料理が特徴で、ワイン愛好家にとっても魅力的な選択肢となっています。

El Burladero

El Burladeroはブエノスアイレスのレコレタ地区に位置するレストランで、地中海、スペイン、カタルーニャ料理を提供しています。

El Burladeroはブエノスアイレスのレストランの中で79位にランクされており、1,239件のレビューで平均評価は4.5点です。

このレストランは、ベジタリアンやグルテンフリーのオプションを含む多様な料理を提供しており、地中海、スペイン、カタルーニャの料理が特徴です。

レコレタ地区に位置し、レコレタからわずか0.2マイルの距離にあります​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

このレストランはその独特な料理のスタイル、フレンドリーなサービス、そしてリラックスした雰囲気で知られています。

地元の食通や観光客から高い評価を得ており、特に地中海やスペインのフュージョン料理が特徴的です。

ちょっぴり豪華に創作地中海レストラン

ここからは少し予算が上がるちょっと良い感じの創作地中海料理レストランを紹介します。

ソムリエがいるところ、英語が通じるところなどありますので、観光の際にいってみてはいかがでしょうか。

Casa Coupage(ソムリエのガイド付き)

Casa Coupageは、ブエノスアイレスにあるユニークなワインテイスティングとペアリングクラブです。

2005年から営業しており、アルゼンチンワインの幅広い知識を持つソムリエのガイド付きで、アルゼンチンの現代料理とペアリングされたワインを体験することができる特別な空間となっています​

店内は19世紀後半の魅力的なダイニングルームで、季節ごとの前菜とメインコースが特別に選ばれたワインと共に提供されます。

ある時期のディナーコースの例としては、最初に白ワインの爽やかなグラスで迎えられ、その後、2種類のワインのテイスティングが始まります。

これらのワインは、スターターと共に提供され、異なる料理とペアリングすることでワインがどのように異なる表現をするかを発見することが目的です。

続いて、3種類の赤ワインのブラインドテイスティングが行われ、ブレンド、品種、スタイル、ワインの進化について話し合う機会が提供されます。

これらのワインは、メインディッシュとチーズテイスティングとペアリングされます。

最後に、デザートと共に提供される最後のワインが紹介されます​

Francisco Acuña de Figueroa 1790, Buenos Aires 1180, Argentina​

Roux(季節でメニューが変わる創作料理)

Rouxは、ブエノスアイレスにあるフレンチ、地中海、ヨーロッパ料理を提供するレストランです。

Recoleta地区の目立たない裏通りの角に位置し、小さく親密な雰囲気を持っています。

白いリネンがかかったテーブルが入り口レベルに約十数台あり、スパイラル階段がプライベートダイニングルームとセラーに続いています。

待っている人たちのために、スタッフが外のクッションベンチで待っている間、グラスのカバを提供してくれます​

料理に関しては、メニューは充実しており、肉中心の料理に飽きた人にも満足できるような新鮮で現代的な内容です。

シーフードが目立ち、地中海風の料理が随所に見られます。

肉料理についても、黒毛アンガス牛ステーキに代わり、ベビーゴートのシチューやミルフィーユポテトが添えられた乳呑み豚など、新しい肉料理の選択肢があります​

料理の一例として、アミューズブーシュにパテとガスパチョがあり、前菜にはアンデスの新じゃがいも、ジューシーなベビートマト、削ったラディッシュ、サルタ地方のカチペッパーを添えた薄切りのタコのカルパッチョが提供されます。

メインにはサフランリゾットとグリルしたコウイカ、または鱒のロインに季節の野菜、グリルしたマルビナス産コウイカ、カリフラワーピューレが添えられます。

デザートには、メンドーサ産のゴールデンピーチをココナッツスープに浮かべ、タンジェリンのシャーベットをのせたものがあります​​​

Rouxの特徴は、旬の食材に基づいて一貫してメニューを更新することです。

この原則は、レストランの創設原則の一つであり、季節に応じた料理の推薦を楽しむことができます​

Rouxの住所は、Calle Peña 2300, Buenos Aires C1126ABF, Argentinaです​​。

Aramburu(豊富なワインリストと英語が通じるスタッフ)

Aramburuはブエノスアイレスの隠れた宝石のようなレストランです。

シックでロマンチック、洗練の極みと形容され、グラフィティの多い裏通りにありますが、その内部はジェームズ・ボンド映画に登場しそうな洗練された雰囲気を持っています。

ゴンサロ・アランブルの才能により、17コースのテイスティングメニューが提供され、各料理はオープンキッチンで調理されます。

ダイニングエリアはエキゾチックで創造的な地元の食材の使用で知られており、ソムリエのヴァル・ナキエルスキーは120以上のワインラベルを提供し、各コースに完璧に合わせています。

ゴンサロ・アランブルは、マルティン・ベラサテギ、ダニエル・ブールー、チャーリー・トロッターなどの有名シェフの下で経験を積み、彼自身の創造的な想像力を通じて、夢のような品質の料理を作り出しています。

彼の精密な料理技術と芸術的なプレートの提示は、各コースをユニークで一種類だけのものにしています。

店内のローライト照明はリラックスした食事の雰囲気を演出し、12テーブルのみの小規模ながらも居心地の良い空間を提供しています。

窓が覆われているため、外の暗い通りから隔てられ、食事はアルゼンチンの洗練の極みへと旅立つような感覚を与えてくれます。

ウェイターは優れた英語を話し、ゲストとの親密なつながりを可能にしています。

メニューは12から17コースのテイスティングメニューで、来訪者の食の好みや嫌いなものに合わせてカスタマイズされます。

ワインリストは息をのむほど豊富で、スタッフは各料理に最適なワインを選ぶための知識が豊富です。

リストには、ロゼル・ボエール・グラン・キュヴェ・ミレシメやミシェリーニ・アイ・ムファットなど、さまざまな種類のワインが含まれています。

Cabernet(生演奏付き)

CabernetはブエノスアイレスのPalermo地区にある高級料理を提供するレストランです。

このレストランは、自然とのふれあいを感じながら、絶品の食事と素晴らしいワインの選択を楽しむことができる屋外パティオを備えています。

彼らのワインリストはブエノスアイレスで最大のものの一つで、スタッフはメニュー内の最適なワインと食事のペアリングを提案してくれます。

特に肉料理、魚料理、パスタが特色です​

レビューによると、客はステーキ、マッシュルームリゾット、Tボーンステーキ、サラダ、エンパナーダ、パリージャ(アルゼンチンスタイルのグリル料理)、屋外パティオでの素敵なディナー、素晴らしいワイン、ウェイターのサービス、美しいレストランの雰囲気、ワインリスト、前菜、食事体験などを高く評価しています​​​

おまけアルゼンチン赤エビにあう最高のソースレシピ

最後にアルゼンチン赤エビがスーパーで安く手に入ったら是非試してみたい最高のソースのレシピをご紹介!

他の料理にも合うかと思いますので、是非日常のソースのアイディアとしてメモしてください。

今夜はアルゼンチンワインと一緒にいかがですか?

1. 和の香り薫る 柚子こしょうクリームソース

材料: 生クリーム、柚子こしょう、白ワイン、ニンニク、塩、白胡椒 作り方:

  1. フライパンでみじん切りにしたニンニクを炒めます。
  2. 白ワインを加え、アルコールを飛ばします。
  3. 生クリームを加え、柚子こしょうで風味を付けます。
  4. 塩と白胡椒で味を調えます。 相性の良い料理: アルゼンチン赤エビのパスタ、白身魚のグリル

2. 香り高い 和風ジンジャーオレンジソース

材料: オレンジジュース、しょうゆ、みりん、おろし生姜、砂糖、片栗粉 作り方:

  1. 鍋にオレンジジュースとしょうゆ、みりんを入れます。
  2. おろし生姜と砂糖を加えて中火で温めます。
  3. 片栗粉でとろみをつけます。 相性の良い料理: アルゼンチン赤エビの炒め物、鶏肉のグリル

3. イタリアン・ジャパニーズ フュージョン トマトバジル和風ソース

材料: トマト、バジル、オリーブオイル、にんにく、しょうゆ、砂糖 作り方:

  1. トマトは皮を剥き、小さく刻みます。
  2. フライパンでにんにくを炒め、トマトとバジルを加えます。
  3. しょうゆと砂糖で甘辛く調味します。 相性の良い料理: アルゼンチン赤エビのブルスケッタ、野菜のグリル

これらのソースは、アルゼンチン赤エビの旨味を引き立てるとともに、和洋折衷の魅力を存分に発揮します。

アルゼンチンのお店

アルゼンチン赤エビの謎?!現地で絶品地中海料理を提供するレストラン8選
アルゼンチンのエビは、その豊富さと品質の高さから、国際的にも評価されている海産物です。…
ちょっぴり贅沢に〜ブエノスアイレスのステーキハウス5選
盛大に肉が食べたい時! ブエノスアイレスでステーキハウスにいってみませんか?…
ブエノスアイレスの甘い罠?!おすすめのメディアルナ10選とその歴史
アルゼンチンならではの日本にはない独特の雰囲気のお店もまだまだたくさんありますので、短期滞在はもちろん中期や長期滞在の方もぜひ地元のバリオでお気に入りのカフェを見つけてみてはいかがでしょうか。…
【ちゃんとあります】アルゼンチンで日本料理が恋しくなった時に行く店8選
ここでは、ブエノスアイレスでどうしても日本料理が恋しい・・・食べたいと思ったときにおすすめする日本料理店を8つピックアップしてシェアします。…
ブエノスアイレスのエンパナーダの旅:お店で食べれる田舎の味11選
エンパナーダの誘惑に身を委ね、ブエノスアイレスの街を歩きながら、その魅力を存分に堪能してください。…
【もう悩まない!】一生に一度は飲んでみたい!アルゼンチンワイン10選
アルゼンチンのワインは、生産量と品質の両方で世界で最も優れたものの一つとして認識されています。…
ブエノスアイレスのヴィーガンレストラン:健康と味覚の楽園5選!
これらのヴィーガンレストランは、ブエノスアイレスでの食事体験を豊かにしてくれるでしょう。…
ブエノスアイレスでカクテルが飲みたい!魅惑のカクテルバー8選
美味しいカクテルを楽しみながら、新しい出会いを探すのも良いかもしれません。…
【健康志向の方必見!】ブエノスアイレスでグルテンフリー5つの専門店
ブエノスアイレスでの食の冒険を、これらのレストランで始めてみてはいかがでしょうか。…

青いタンゴ礁
青いタンゴ礁編集長
アルゼンチン、アルゼンチンタンゴの情報を発信するアルゼンチン大好きな人のためのメディアサイト。
現地取材ならではの写真や情報であなたをディープなアルゼンチンタンゴの世界へ誘います!